10月16日(日)夜7時よりWOWOWライブでは、9月4日に東京・NHKホールで開催されたKADOKAWAアニメを“映像×音楽”で体感するライブ・イベント「かどみゅ!」の模様を放送する。

世代を問わず熱狂的なファン層を有するアニメ。作品はもとより声優や“アニソン”にまで支持を拡げ、ファンイベントの開催など“リアル”においても新たな動きを生み出してきた。

KADOKAWAアニメは、「涼宮ハルヒの憂鬱」「ストライクウィッチーズ」「艦隊これくしょん―艦これ―」「オーバーロード」など、数多くの人気 タイトルを送り出してきた。そのKADOKAWAアニメを“映像×音楽”で体感できるイベントが「かどみゅ!」だ。

記念すべき第1回の出演者には、茅原実里(「涼宮ハルヒの憂鬱」「喰霊-零-」)、いとうかなこ(「STEINS;GATE」)、石田燿子(「ストライクウィッチーズ」)ら人気アーティストが顔をそろえた。

アニメの主題歌・挿入歌などを歌うアーティストや声優が一堂に会するスペシャルライブなだけに、会場には全国からアニメファンが集結。トップバッターは、「STEINS;GATE」のOP曲「Hacking to the Gate」を歌う、いとうかなこ。青と緑のレーザー光線が飛び交う中、赤のサイリウムに染まった客席を一気に盛り上げた。クライマックスには特徴的なハスキーボイスで、同ゲーム版主題歌でアニメ第23話挿入歌でもある「スカイクラッドの観測者」を披露。

唯一の男性ユニット、OxT(オクト)は、MCで笑いを取りながら、「プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ」OP曲の「STRIDER'S HIGH」では、ボーカルのオーイシマサヨシの煽りで、客席からの掛け声が場内を包んだ。

「NEW GAME!」から飛び出した声優4人組ユニットfourfolium(フォーフォリウム)は、キュートなコスチュームとダンスで「SAKURAスキップ」などを披露。また、「くまみこ」からは、本作に登場するヒグマのナツが雨宮まち役の日岡なつみに連れられてサプライズ登場。OP曲「だって、ギュってして。」を歌う花谷麻妃とともに、ED曲「KUMAMIKO DANCING」を披露するなど、バラエティ豊かな構成でファンを魅了。

さらに、KADOKAWAアニメの中で長い歴史を持つ「ストライクウィッチーズ」でおなじみの石田燿子は、透明感と力強さを併せ持った歌唱力で、初披露となる「ブレイブウィッチーズ」のOP曲「アシタノツバサ」ほか、「ストライクウィッチーズ」シリーズの主題歌2曲を熱唱し、ますます場内をヒートアップさせた。

そして、この日のトリを飾ったのは、赤を基調にしたドレスに身を包んだ茅原実里。「喰霊-零-」のOP曲「Paradise Lost」のイントロが流れ始めた瞬間、この日最大の歓声が客席から上がった。スタンドマイクをふりかざす圧巻のパフォーマンスから一転、しっとりと「長門有希ちゃんの消失」のED曲「ありがとう、だいすき」を歌い上げるなど、その振り幅の大きさにも注目だ。 

名曲の数々と、多数の出演者、そして詰め掛けたファンにより大盛況で幕を閉じた「かどみゅ!」。「2回目、3回目と続いていくと思うので、これからも宜しくお願いします!」という出演者の言葉通り、今回の成功を機に今後さらにスケールアップしたイベントとなること必至だ。その記念すべき第1回の「かどみゅ!」の模様を番組で目撃しよう。