AT-Xより順次放送中のアニメ「ステラのまほう」(毎週火曜深夜0:30-1:00ほか、TOKYO MXほか)の第1話『スタート地点』を、場面カットとあらすじで振り返る。

本作は、同人ゲーム作りに奮闘する女子高校生らの日常を描いた学園コメディー。入学式を迎えて高校1年生になった本田珠輝(CV.長縄まりあ)は、本当にやりたいことを探して同人ゲームを作る部活「SNS(死んだ魚の目・日照不足・シャトルラン)部」へ入部する。一から自分たちでゲームを作る大変さを実感しつつ、珠輝は先輩や幼なじみらと共に初めてのゲーム制作に取り組んでいく。

【第1話『スタート地点』】

高校の入学式の日、夢中になれることを探して部活PRの展示を見て回る新1年生の珠輝。幼なじみのクラスメート・裕美音はイラスト部に入部して楽しそうだけれど、珠輝は何をしたいか分からなくて…。同人ゲームを作る部活「SNS(死んだ魚の目・日照不足・シャトルラン)部」の机でパズルゲームをプレーした珠輝。迷った末、新入部員になることを決めます! プログラマーで部長の2年生・椎奈、シナリオ担当の2年生・あやめ、BGMと効果音を担当する2年生・歌夜の3人と一緒に、ゲームを作る日々が始まります。

なお、ニコニコ生放送では毎週金曜深夜0時から最新話を配信。見逃してしまった人も、一度見た人もチェックしてみよう!