テレビ東京系で放送中のアニメ「夏目友人帳 伍」(毎週火曜深夜1:35-2:05ほか)の第1話『変わらぬ姿』を、場面カットとあらすじで振り返る。

本作は、人と妖怪とのつながりを描いた心温まる物語の第5期。妖怪の姿が見える青年・夏目貴志(CV.神谷浩史)は、祖母が残した「友人帳」を譲り受ける。それは、名前を知る者に妖怪たちを縛りつける契約書で、夏目は自称用心棒のニャンコ先生(CV.井上和彦)と共に名前を返す日々を送る。次第に人や妖怪と絆を深めていく夏目は、次の関係へと踏み出す。

【第1話『変わらぬ姿』】

小さい頃から妖怪を見ることができた少年・夏目貴志。祖母レイコの遺品「友人帳」に書かれた妖怪たちの名前を返す日々を送る中で、さまざまな妖怪や人とつながり、絆を深めていく。そんなある日、塔子さんから頼まれ街に出掛けた夏目の前に、怪しげなつぼの妖怪が現れる。「大事な宝モノを返せ」と迫られるが、どうやら夏目を祖母のレイコと間違えているようで…。

なお、「あにてれしあたー」では毎週水曜昼0時更新。見逃してしまった人も、一度見た人もチェックしてみよう!