10月18日(火)にフジテレビ系では「レディ・ダ・ヴィンチの診断」(毎週火曜夜9:00-9:54)の第2話を放送。研修医・綾香を演じる吉岡里帆がスポーツ水着姿を初披露する。

第2話では、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の疑いがある有名水泳選手・南野(浅香航大)がセカンドオピニオンを求めて解析診断部に入院。志帆(吉田羊)らは南野の体に何が起こっているのか、原因究明に乗り出すというストーリー。

南野の病の謎を追う中で、志帆が綾香にスポーツ水着を着せて「50mクロール10本」と命じるシーンでは、吉岡は飛び込みから泳ぎまで全てを吹き替えなしで撮影。スタッフと猛特訓を行い、「イケそうな気がする!」と自信満々で撮影に臨んだ。

だが、試しに一度飛び込んでみると水面に額を打ってしまい、水から顔を出すなり「おでこが痛い」とつぶやく場面も。

その後、無事に撮影が終了すると、吉岡は「飛び込み台から飛び込むのは初めてで、スポーツ用の水着をドラマで着たのも初めてでした。インストラクターの方が動画を撮ってくださっていたのですが、大笑いしながらそれを見せてくれて、おなかから落ちてたみたいです(笑)」と笑いながら撮影を振り返った。

また、浅香と吉岡の対談も行われ、役者としての今後の目標について聞かれた吉岡は「10代で小劇場に出合ってから、やりたいことはずっと変わっていなくて。本当に面白いものを、そのときに出会った人たちと作りたいというシンプルな思いでずっと来ているし、これからも同じだと思います。何も変わらず、何か作ろうとしている人たち一緒に、より良いものを残せる役者になりたい。作品の一部になれる人になりたいといつも思っています」と語った。

すると、浅香も「刺激が欲しくて役者を始めたので、“人のために生きたい”と思います。人のために生きたいし、“信じられるものは何なのか”ということを伝えていければと思います」と俳優業への思いを明かした。