渡辺直美の初ワールドツアー「Naomi Watanabe WORLD TOUR」が台湾でフィナーレ。10月18日、オムニ・ナイトクラブ台北にて台北(台湾)公演が大盛況のうちに終了した。※日付は現地時間。以下同

同ツアーは渡辺4年ぶりの単独ライブとして、10月2日米・ニューヨークを皮切りに、10月4日米・ロサンゼルスを周り、10月18日に台北公演を迎えた。

台北の会場には1000人以上のファンが集まり、現地タレントも多数来場。渡辺本人も自身のパフォーマンスに大満足のようで、終了間際には、中国語で「ウォー・アイ・ニー」(愛してる)とファンに叫び、アンコールが続いた。

ライブでは、計4着の衣装を披露して、ぽっちゃりスタイルをアピール。来場者の中にも渡辺直美スタイルを真似するファンも多数見られた。

また、渡辺は「自分も欠点がたくさんあるし、『完璧な人間はいない』と、ある先輩から教えてもらいました。自分の長所を見つけて努力して生かして行くことが大事」と台湾の若者たちにエールを送る一幕も。

台湾メディアも「最初から最後まで大盛り上がり」と絶賛したイベントをここで紹介しよう。

■表情と動きはビヨンセそのもの

渡辺は、ビヨンセの看板ソングの「Ring The Alarm」をはじめ、「Crazy In Love」「Baby Boy」「Say My Name」「Get MeBodied」と立て続けに 5 曲も。

女王のような雰囲気を発する渡辺は、体は大きく見えるが動きは極めて軽やか。彼女の表情と動きは、まるでビヨンセそのもの。

そして、彼女が友近・椿鬼奴・しずちゃんらと共に出演した映像「ゴーストバスターズ」などが映し出された後、The Dreams「Dreamgirls」を披露。

その後、中国語で「ダージャーハオ」(みなさんこんにちは)とあいさつして自己紹介。さらにファンと直接触れ合える企画として「マシュマロキャッチ」を実施。幸運な観客を選び、ステージ下からマシュマロ、大福と肉まんなどを投げてもらい、渡辺は口でそれらをキャッチしてみせた。

ビヨンセの「Run The World(Girls)」では、歌い出しからファンの笑いを次から次へと誘う。

次にレディー・ガガ「Yoü And I」と「Applause」を渡辺が歌う場面。ダンサーは彼女を持ち上げようとするものの持ち上がらず、さらなる笑いが。最後はビヨンセの「single ladies」と「Listen」を披露して台北公演の幕を閉じた。

■公演を終えて…悔いがあった?

公演終了後、ライブの感想を聞くと渡辺は「本当に楽しかった」と大喜び。ただ、豚の血ともち米を蒸した台湾名物のキャッチに2度失敗したことを悔んだ。台湾限定のアドリブパフォーマンスとあって練習ができなかったため、次はもっと腕を磨くと意気込みを見せた。

さらに、ワールドツアーでは台湾が最も大切な公演だったと告白。というのも渡辺が19歳の時、家族の反対があったにもかかわらず日本で芸人を目指し、この10年間、家族にとても心配をかけて連絡もなかなか取れなかった。しかしながら、台湾公演が会場満員になって、「これで家族も安心できるでしょう」と渡辺は笑いながらその理由を語った。

男性との出会いについて、記者から質問されると、「アメリカでは良い出会いがなかったが、台湾の男性にはかなり魅力を感じている。自分は身長が高くて爽やかなイケメンが好きなので、彼氏募集中」と回答。

先日、空港での囲み取材で、通訳を通して知り合った好感度高めな台湾男子も今回の公演を見に来ると話していたが、「2人で会う予定がありますか」という質問に対しては、照れながら「秘密」と答えた。