NHK BSプレミアムで放送中の「The Covers」(毎週月曜夜11:15-11:45)。1月16日(月)はV6の坂本昌行、長野博、井ノ原快彦から成る20th Centuryがゲスト出演する。

20th Centuryは、山口百恵の「絶体絶命」('78年)、少年隊の「まいったネ 今夜」('89年)をカバー。また、オリジナル曲「不惑」('16年)も披露する。

「絶体絶命」は、3人にとって15年前の“ある共通の思い出”があるという因縁の一曲。リベンジの意味合いも込めて今回のカバーに挑んだという。

当時の振り付けも一部カバーし、男性1人と女性2人の三角関係が描かれたこの曲を、それぞれ役を決めて歌い分けて演じ切る。2人の女性を魅了する男役は誰になるのか、男性の奪い合いに火花を散らす女2人は誰が演じるのかも注目される。

パフォーマンス終了後、3人は「なかなかのカオスですね」と笑いを誘ったが、MCのリリー・フランキーは「トニセンならではの、素晴らしいミュージカル風エンターテインメントだった。場数を踏んできた人たちならではの迫力があった」と絶賛した。

デビュー前に少年隊のバックダンサーや付き人をしていたトニセンにとって、「まいったネ 今夜」は思い入れが深い曲。3人が語る“少年隊の先輩像”に、MCのリリーも仲里依紗も感動し、リリーにいたっては「今からでも東山(紀之)さんの付き人をして勉強したい」と口にした。今回のパフォーマンスは3人が付き人時代にそれぞれお世話になったという少年隊のパートを、歌もダンスも完全カバーで披露する。トニセンのために、オリジナルにはなかったアカペラパートを入れ込むなど、ココでしか見られないアレンジになっている。

最新オリジナル曲「不惑」では、アコースティックバンドに囲まれた3人が内向きの輪になって歌い上げる。3人とも40代になった今だからこその心に染みるパフォーマンスが見どころだ。

「歌詞を見ているだけで泣きそう」と語った50代のリリーに、40歳になった井ノ原がある質問をぶつけ、リリーの回答にメンバーが爆笑する一幕も。

トーク収録後、リリーは「とっても人の気持ちを楽にしてくれる3人」とトニセンの魅力を語った。

1月23日(月)はゲストにTHE COLLECTORSが出演する。