1月16日(月)夜9時から「好きか嫌いか言う時間SP」(TBS系)が放送される。同番組は坂上忍と吉田敬のMCの下、今話しておくべき日本のイライラを“歯に衣着せぬ”論客芸能人たちが、「好き」か「嫌い」か討論するバラエティー番組だ。

今回は「日本にとって○○は毒か?薬か?外国人徹底討論SP」と題し、スタジオに集結した外国人たちと、今日本が直面している問題について徹底討論する。

昨年11月の選挙で、ドナルド・トランプ氏が次のアメリカ合衆国の大統領に就任することが決定した。数々の暴言を繰り広げてきたにもかかわらず、なぜアメリカ国民はトランプ氏を支持したのか。トランプ氏について「好き派」と「嫌い派」に分かれ、今後の日本との付き合い方について討論する。

また、'16年12月にカジノ解禁法案が可決した日本。この法案によって、海外の旅行者が増えて日本が潤うのか。それとも、ギャンブル依存者が増え、治安が悪くなってしまうのか。母国にカジノがある外国人30人と、カジノのメリットやリスクについて意見交換を行う。