佐野市内の約七十店が加盟する「佐野らーめん会」が共同開発した佐野ラーメンのチルド麺「マルちゃん ニッポンのうまい!ラーメン 栃木佐野らーめん 2人前」(税抜き四百円)が東洋水産(東京都港区)から全国発売された。

 冷蔵保存が必要な一玉百十グラムの麺二玉と液体スープが二つ入っている。一人前三百ミリリットルのお湯でスープを溶かし、三分ほどゆでた麺を入れて食べる。

 「ニッポンのうまい!ラーメン」シリーズでは、各地のご当地ラーメンを、地元の団体や自治体などを共同開発パートナーとして商品化している。「栃木佐野らーめん」では試作品を佐野らーめん会の役員らが試食しスープの味や麺の太さなどについて意見を述べる形で監修。九月一日に発売され、北海道から沖縄までのスーパーなど約千五百店で取り扱われているという。

 佐野らーめん会は今回の共同開発を結成三十周年PR事業の第一弾と位置付け、十三日に佐野商工会議所で記者会見した谷津茂会長は「『佐野』という名前が全国に広がり、食べに来てもらえるとうれしい」と全国発売された商品に期待を込めた。 (稲垣太郎)