ドイツビールが堪能できる「さいたまオクトーバーフェスト二〇一六」が二十二日、さいたま市大宮区の鐘塚公園で始まった。来月二日まで。

 ドイツ・ミュンヘンのビールの祭典「オクトーバーフェスト」にちなんで二〇一四年に始まり、今年で三回目。アルコブロイやクロンバッハ、ヴァイエンシュテファンなどドイツ直輸入のたる生ビール約三十種類が味わえる。本場のソーセージや郷土料理、スイーツなども提供。民俗音楽の生演奏が平日に二回、土日祝日に四回あり、雰囲気を盛り上げている。

 二十二日はあいにくの雨空となったが、約三百席のテント席があり、訪れた人はゆっくりと味わうようにジョッキやグラスを傾けていた。主催する実行委員会は期間中、約四万人の来場を見込んでいる。

 営業時間は平日が午後四時〜午後十時、土日祝日は午前十一時〜午後十時。会場はJR大宮駅西口から徒歩約三分。 

  (冨江直樹)