焼肉を食べるなら、渋谷が面白い!

お店の人が直接食べさせてくれる焼肉店から、ワイン好きをも唸らせる品ぞろえを誇る焼肉店が、連夜焼肉ラバーを引き寄せる。ただ美味いだけではない、一味違った渋谷の人気焼肉店をご紹介!


食べさせてもらう楽しさまでついてくる
『高麗亭』

渋谷

『高麗亭』に来たらば、ママさんに手移しで食べさせてもらわなければ損! 慣れた手つきでサンチュとエゴマの葉を広げ、その上に肉を乗せ、キムチや醤油漬けの青唐辛子、韓国海苔と一緒に畳んでくれる。


ワイン好きも唸る。焼肉に合った品ぞろえ
『ザ・ソウル・オブ・ソウル』

渋谷

ワイン好きからの人気を集めるの『ザ・ソウル・オブ・ソウル』。ここのザブトンは軽く火を通し、塩で食べるのが基本。脂分が上品で肉質が繊細なので、柑橘系の酸味がある白ワインと合わせて。


ワインとホルモンの相性の良さに開眼
『三百屋お弐階』

渋谷

『神泉ホルモン 三百屋』の2階、少し落ち着いた雰囲気の『三百屋お弐階』では、いろいろな部位を少しずつ味わえるおまかせコースが基本だ。ワインは常時20種類をそろえ、ホルモン焼き店としてはかなり充実している。


渋谷エリアのガチすぎるコリアンバーベキューとは?

本物のコリアンバーベキューはここにアリ
『鉢山』

渋谷

和牛本来の美味しさ、素晴らしさを味わってもらうため、一般に「上」以上と評される肉だけを用意。長年焼肉店を営んできた、李 日生氏ならではの韓国家庭料理もこだわり抜いた調理法で味わえる。自宅のくつろぎを約束する贅沢な空間の中はデートにも◎。


今日は牛より豚気分な日に
『Bit-Valley Table Daichi』

渋谷

豚肉の魅力を余すことなく食べ手に伝える豚肉メインの焼肉店。数ある銘柄豚のなかでも、脂身が本当に旨い!と太鼓判を押す帯広のどろぶたを中心に、超厚切りのヒレ肉や大判のロースを用意。


お客本位の焼肉店とはまさにこういうこと
『ゆうじ』

渋谷

最近は、牛のブランド名や格付け、熟成、希少部位などを謳う焼肉店が多い。だが『ゆうじ』にはそれがない。肉だけではなく、焼肉屋の基本である下処理や切り方、味付けや料理の流れが、大切だと考えているからである。

だからそれらの仕事を徹底的に考え抜き、何回も試行したうえで供す。美味しく食べてもらえるには?と創業してから常にそのことだけを仕事の中心に置いてきた、客本位の味は試すべきだ。


部位ごとの肉質を計算し尽くされたカッティングにも注目!