女子アナ。

この響きに、人は夢と憧れを抱く。

美人で知的な高嶺の花というイメージが強く、女性はテレビに映る華やかな仕事に憧れ、そして男性はその一歩奥ゆかしい女性像に憧れる。

近年では所謂フリーと言われる、局に属さずに活動するフリーアナウンサーが増加している。そんなフリーアナウンサーを、この連載では紹介してきた。

これまでに親友にレギュラー番組を奪われた地方局出身の理香、女子大生という冠が外れると共に仕事を失ったお天気お姉さんの美奈、以前降板させられたワガママ局アナへの復讐に燃える智子、後輩の嫌がらせで局を去り、パティシエになった絵美、アナウンサー試験でコネ組に負けた梨花など、いずれも華やかとは言えない現実を垣間見てきた。

今週は?



<今週のフリーアナウンサー>

名前:由美
年齢:31歳
前のステータス:キー局のアナウンサー
出身大学:フェリス女学院大学
年収:約3,000万円
趣味:サッカー観戦


先輩アナに暴露された夫婦の秘密


由美は局アナ時代、地味な存在だったと自覚している。しかしフリーになる際、運良く大手事務所に所属。野球選手(しかもスター選手)の夫の知名度もプラス要素になり、フリーになってから仕事は急増。年収も局アナ時代の3倍になった。

業界のおしどり夫婦と呼ばれ、テレビの夫婦特番などには二人揃って出演。現役のスター選手と、元局アナ。絵に描いたような理想の夫婦だった。

しかし全てが順風満帆に行く訳ではなかった。夫の遠征先で、年下モデルとの手繋ぎデートが発覚。(リークしたのは、先輩の涼子だろう。)

そのスキャンダルが発覚してから、連日テレビのワイドショーでは面白おかしく囃し立てられ、週刊誌の記者はハイエナのようにどこにでも現れる。由美のプライベートなんてお構いなしに写真を撮ってくる上、質問攻めだ。

「由美さん、ご主人と今後はどうするんですか?」
「離婚は?浮気相手のモデルに一言お願いします!」

家の前で待ち伏せている芸能記者達の質問に対しては無言を貫き、悲痛な面持ちで家に入る。

「ふぅ...今日は記者さんの数が多いな...」


しかしパタリとドアを閉めた途端、由美は思わずクスリと笑う 。


—全てシナリオ通りだわ—


旦那の浮気報道は全て計算済み!?由美が企んだ恐怖の計画とは?

夫婦の仲良し度数がブログのアクセス数に比例する


由美は現在31歳、結婚2年目。まだ子供はいない。局アナを辞めてフリーに転向してから2年になるが、仕事の依頼は絶えない。自分がフリーになってここまで仕事があるのは、上の人に気に入られていることに加え、プロ野球選手と幸せな結婚をしたからだと理解している。

もし仮に、彼が一般人だったら由美はここまで売れなかっただろう。自分の価値は自分が一番分かっている 。

テレビで、夫が嫁自慢(つまり由美の自慢)をする度に由美のブログのアクセス数は上がり、由美が作った晩ご飯の写真には

「本当、憧れの夫婦です」
「由美さん、素敵です。幸せいっぱいですね。」
「旦那さんに愛されていて羨ましい〜!!」

などのコメントがつく。由美にとって、大事な夫であると同時に、彼は由美がフリーアナウンサーとして生きて行くのに必要な存在でもある。

だから甲斐甲斐しくご飯も作るし、夫婦の仲の良さも周囲に頻繁にアピールしている。実際に、夫婦仲も悪くはない。しかし、由美は夫が他所で女性と会っていることは前から知っていた。



スキャンダルの上手な売り方とは?


そんな夫の女性関係は見て見ぬフリをしてきたが、去年から段々と喧嘩が増えていた。夫がいなくなれば、由美の仕事に多大な影響を及ぼす。CMオファーも激減するのは目に見えている。

このままでは夫婦生活も仕事もダメになってしまう。そんな危機感を感じていた矢先、由美は良いことを思いついた。今離婚してしまうと由美も悪者になるが、相手のせいにすれば由美には同情票が集まり、世間は味方をしてくれる。

しかし自分でネタを売る訳にはいかない。そんな時、思いついたのが元同じ局の先輩・涼子だった。涼子が前々から由美に良い感情を抱いていないこと、そして自分が今いる“プロ野球選手の妻”という座を涼子が狙っていることは百も承知だった。

涼子が週刊誌に情報を売ることは計算済みだったが、案の定、ご丁寧に週刊誌に情報を売ってくれた。

こうして、由美が自分で仕組んだスキャンダルは世に出回ることになった。


売れっ子の地位をキープするために自分で仕組んだスキャンダル。しかしそこには落とし穴が待っていた...

世間から同情票が集まるはずだったのに...


連日のようにテレビで報道された由美と野球選手の夫のスキャンダル。しかし日々新しいスキャンダルが出てくるご時世、一つの芸能スキャンダルを永遠に報道などしない。世間の関心は直ぐに別の話題に移った。

結局、夫が謝罪文を出し、由美の元に戻って一件落着となったが、世間一般のイメージは“完璧で幸せな夫婦”から、“問題を抱える、巷にありふれた夫婦”に変わってしまった。

スキャンダルを逆手に取って売れた女子アナもいるが、スキャンダルで潰されてしまう女子アナの方が多い。

由美はその真実に気がつくのが遅かったようだ。



結果、一見華やかに見えるフリーアナウンサーは幸せなのか?


結局、自作自演のスキャンダルは誰も幸せにならないまま、いつの間にか風化してしまった。

今も由美はフリーアナウンサーとして活躍しているが、一度ついたイメージは中々拭いきれず、以前のように売れなくなってしまった。また、夫も何となく由美がリークしたことに気がついており、夫婦関係は冷え切っている。

そして何より、仕事が減らないようにスキャンダルを自らばら撒いたのに、由美の仕事には陰りが見え始めている。


“元局アナで夫が野球選手の妻の座”から、由美は自然に降ろされた。しかしその座を涼子が奪った訳でもない。最近テレビをつけると、若くて可愛い、フリーになったばかりの新たな「元局アナで、野球選手の妻」が登場している。



結局、「掃いて捨てるほど」フリーアナウンサーはいる。

よほどの個性や実力、人気がない限り次々と新人が現れては、その倍以上の人が消えていく世界。スポットライトを浴びながら、カメラを見つめながらも皆内心では焦り、仕事を貰う方法を模索している。


そして今日も、フリーアナウンサー達は笑顔で原稿を読みながら、隣のライバルを蹴落としている。


【これまでのフリーアナウンサーの闇】
vol.1:笑顔で原稿を読みながら隣を蹴飛ばす。 元地方局女子アナの過酷すぎるバトル
vol.2:朝番組に出演していた元・女子大生お天気お姉さん。年齢と共に消える彼女達の行く末は...
vol.3:売れたいなら媚を売れ。元人気局アナ、フリー転向後の明暗を分ける生き残り競争
vol.4:アナウンサーになれずCAに。それでも諦めきれないアナウンサーの夢
vol.5:自分より目立つ美女は皆降板させる、傲慢局アナへの密かな復讐劇
vol.6:引きずり落とす敵は身内にいる。女子アナというタイトルを潔く捨てた本当の理由
vol.7:コネと実力が交錯する!?知られざるアナウンサー試験の闇。
vol.8:衣装代と交通費でギャラはほぼ消えていく...フリーアナウンサーの悲惨なマネー事情