今回のテーマは「離婚と不動産」。

2015年の離婚件数は225,000組。晩婚化といわれ婚姻数も減る一方で、離婚件数は緩やかに上昇しています。離婚に伴い、マイホームをどう清算するのか、マイホームをお持ちの既婚男女を対象にアンケート調査を実施しました。





マンションサプリ


Q1.万が一、離婚したらお住まいはどうしたいですか?

約半数の男性が離婚後も「住み続けたい」と回答したのと対照的に、女性は「引っ越したい」と回答した方が約半数を占めています。また、「引っ越したい」「住み続けたい」の回答理由も男女で違いがあるようです。


▼「引っ越したい」の回答理由

「一人で住むには広すぎる(46歳男性)」
「交通の便が良いし駅からも近いから(47歳男性)」
「思い出がありすぎるから心機一転したい(35歳女性)」
「一緒に住んだ家に住んでいたくないから(43歳女性)」
「過去を消したいから(50歳女性)」


「引っ越したい」理由として、男性は独り身のライフスタイルを想定しての回答が多い一方で、女性は感情的な理由を挙げる方が多いようです。

また、女性の「引っ越したい」理由には感情的なものの他に、「親の助けが得やすい地域に引っ越したいので。(31歳女性)」「離婚したら関東圏にいる意味がないから、実家のある関西圏に住みたい。(37歳女性)」といった男性には見られない回答もありました。

結婚後、夫のもとに嫁いだ女性の中には、離婚後は地元に戻って生活したいと考える方もいるようです。男性に比べると結婚を機に地元を離れることが多い、女性特有の回答と言えるでしょう。


▼「住み続けたい」の回答理由

「自分の名義だから(50歳男性)」
「自分で購入したものなので(33歳男性)」
「生活環境が変わるのは嫌だから(43歳女性)」
「子どもを転校させるのはかわいそうだから(34歳女性)」
「子供の学校などが良い環境だから(38歳女性)」


離婚後も「住み続けたい」理由として、「自分のものだから」という回答が目立った男性。自分で買ったものはやはり手放したくないようです。

一方の女性は、「生活環境」や「子供」といったキーワードが目立ち、ライフスタイルの視点から住み続けたいと思う傾向にあるようです。


離婚後のローン返済について男女別に比較!

Q2.離婚後のローン返済、どうしようと思いますか?

マイホームを購入した夫婦が離婚した場合、ローン返済途中であれば一度は議題にあがるであろう「離婚後のローン返済」。夫婦で考え方が違うとなると、なおさら議論が必要になるはずです。そこで、離婚後のローン残金は誰が支払うことが妥当だと考えるか男女別で比較し、意識に違いがあるのか検証しました。

現在、住宅ローンは誰が支払っていますか?(誰が支払いをしましたか?)


既婚男女の現在のローン支払は、約63%の家庭で「夫が支払っている」と回答し最も多くの比率を占めています。「妻が支払っている」家庭はわずか2%、「二人で支払っている」家庭は15%という結果に。

6割以上の家庭で男性が支払いをしているようですが、万が一離婚した場合、その後の支払いはどうするのでしょうか。

離婚後の、ご自宅のローン返済はどうしようと思いますか?

<男性編>


男性は離婚後「引っ越したい」「住み続けたい」のどちらの回答者でも、「自分が全額支払う」の回答が6割以上を占めています。「すでに全額完済している」を除くローン返済が残っている家庭のみで比較すると、「引っ越したい」の回答者では約7割、「住み続けたい」の回答者では8割以上の男性が「自分が全額支払う」と回答していることになります。


▼「自分が全額支払う」の回答理由

「自分で組んだローンだから(38歳男性)」
「住むのであれば払うのは当然(58歳男性)」
「自分名義のローンで購入した。そもそも気に入っている部屋なので(44歳男性)」
「もちろん自分の財産だし、生活を崩したくないので(52歳男性)」


▼「相手が全額支払う」の回答理由

「貯蓄でも返済できるくらいしかローン残高もないのでOKだと思う(36歳男性)」


▼「二人で支払う」の回答理由

「お金がないから(34歳男性)」
「お金は大事だから(38歳男性)」
「共同財産だから折半(55歳男性)」


「現在、住宅ローンは誰が支払っていますか?」のグラフでもわかるように、多くの家庭で男性がローン返済をしていることから、離婚後にローン返済をすることは、ほぼ現状維持という方がほとんどだと考えられます。

最も多数を占めた「自分が全額支払う」理由としては、「自分名義のローンだから」「自分の財産だから」といった回答が目立ち、自宅が自分のものであるからという認識がほとんどのようです。

しかし、離婚後は引っ越したいがローンは全額自分で支払うと回答した男性の中には、「別れた家族にあげたい。(39歳男性)」「それが最低限の責任だと思うから。(55歳男性)」といった”家族への責任”としてローン返済をするという家族思いな男性の声もありました。


女性はどのように考えているのか?

続いては女性の場合を見てみよう。

<女性編>


一方の女性では、最も多くを占めたのは「引っ越したい」「住み続けたい」ともに、「相手に全額支払ってもらう」の回答でした。離婚後に「住み続けたい」と回答した女性でも、「自分が全額支払う」はわずか2.1%という結果に。

「住むなら支払いは当然」といった回答があった男性とは対照的に、「住み続けたいが、支払いは夫にしてもらう」と考える女性は少なくないようです。


▼「相手が全額支払う」の回答理由

「夫にはその責任があるから(49歳女性)」
「おそらく相手の非による離婚だろうから出して当然(45歳女性)」
「慰謝料の一部として払ってもらう(54歳女性)」
「相手の方が収入が多いから(43歳女性)」
「専業主婦のため収入がないので、支払い能力なし(58歳女性)」


▼「自分が全額支払う」の回答理由

「所有者のため(38歳女性)」
「自分のローンだから、基本的に自分で支払うのが当たり前。財産分与はまた別の話(45歳女性)」


▼「二人で支払う」の回答理由

「財産分与するため(37歳女性)」
「名義が二人のものだから(50歳女性)」
「二人の持ち物という認識だから(45歳女性)」


女性の場合、専業主婦もしくは非正規社員で働いている方の比率が男性に比べると高く、ローン返済は経済的に支払いが難しいため夫に支払いをしてほしいと考える女性は多いようです。

経済的理由は想像の範囲内ですが、「慰謝料として」や「夫が支払うのが当然の義務」という回答も。案外、経済状況に関係なく夫に支払ってもらおうと思っている女性は多いのかもしれません。


まとめ

今回のアンケート調査では、男性はローンを自ら支払うと考えている方が多く、一方女性は夫に支払って欲しいと考えている方が多いという真逆ともいえる結果に。男女で真逆の結果になったということは、ある意味バランスがとれていると言えるのでしょうか……。

離婚後の清算方法は、離婚の理由により様々なので一概には言えませんが、万が一マイホームを購入後に離婚となった場合、男性は「全額ローン返済&引っ越し」という選択を迫られる覚悟は必要かもしれません。


<関連記事(マンションサプリ)>

・立地と価格、不動産投資はどっちが大事?

・空き家バンクとは何か?制度・登録・使い方を解説【空き家問題の解消?】

・最近の引越しでは常識!?「引越し比較サイト」は本当に便利なの?