秋から冬にかけて旬を迎える”上海蟹”。本場上海で最も歴史のある老舗上海蟹料理店『王宝和酒家(おうほうわしゅか)』の味が、スタッフと共にハイシーズンにもかからわず、来日するというのだ!これは大ニュースである!!

今回の「王宝和酒家 上海蟹フェア」は、海外の美食・シェフ招聘に定評のあるホテルニューオータニの東京および大阪が舞台。会場となるのは各ホテル内のレストラン、中国料理『大観苑』で開催される。さあ、上海料理の旬の味覚をたんと召し上がれ。


上海の秋冬の風物詩といえば”上海蟹”

毎年秋になると、「あなたは今シーズン、何杯蟹を食べた?」とまるで季節の挨拶のように交わされるほど。上海蟹は、地元上海ではそれほどまでに秋の風物詩として愛されているのだ。近年では、中国の高級食材として広く認知され、世界中の美食家たちを魅了する。

上海蟹の魅力は、ほんのり甘い身とたっぷり詰まった蟹ミソの絶妙なバランス!お腹にたっぷり卵を持ったメスは10月、ねっとりとした白子が詰まったオスは寒さが厳しくなる11月が格別に旨い。

オスメスや時期の違いによって楽しみ方が異なるのも上海蟹の醍醐味。もちろん蟹肉に凝縮されている旨味を味わうのもおすすめ。


老舗の名店『王宝和酒家』

創業1744年の『王宝和酒家』は、上海のグルメガイド誌の常連店。上海蟹が旬を迎える10〜11月は、予約が取りづらい超人気店として有名である。

今回の「王宝和酒家 上海蟹フェア」には、上海蟹の扱いを熟知した現地の調理師達たちがONシーズンにも関わらず来日し、数々の上海蟹料理を提供してくれる。上海の方に、うらやましがられそうな贅沢な機会となりそうだ。


蟹の本来の味を引き出すだけでなく、蟹の部位ごとの特別な味をも引き出し、彩り美しく創り上げる彼らの蟹料理は必見&必食だ。

定番の「蒸し蟹」から、料理人の腕がさえる「炒め料理」や「煮込み料理」などの様々な調理法で、上海蟹三昧しよう♪


オータニの中国料理『大観苑』とのコラボっぷりが秀逸!

今回、会場となるオータニの『大観苑』も、日本を代表する中華料理の名店。その『大観苑』の王道、名物料理といえば「ふかひれの姿煮」があるが、上海蟹と織りなす贅沢なコラボレーションも実現。

その他にも見事な融合を果たしており、特別なコース料理を筆頭に、アラカルト料理や、お得なランチセットまで幅広い機会をご用意。


気軽に愉しみたいならランチセットもお得!

◇ランチセット 5,000円
王宝和 大観苑 饗宴四種前菜盛合せ、上海蟹肉と豆腐の煮込み、五目あんかけ焼そば、上海蟹肉入りワンタンスープ、杏仁プリン


コースメニューはこちら

※アラカルト料理も有

◆ディナー¥14,000コース
王宝和 大観苑 饗宴前菜盛合せ、上海蟹肉の炒め 蟹型かざり、王宝和 特製上海蟹、上海蟹脚とアスパラガスの炒め、上海蟹爪の珊瑚仕立スープ、海老と上海蟹の玉子の牡丹かざり、上海蟹肉と白霊茸と豆腐の煮込み、上海蟹肉入小籠包と春巻、杏仁プリン

◆ディナー¥17,000コース
王宝和 大観苑 饗宴前菜盛合せ、上海蟹肉とふかひれの姿煮、上海蟹肉の炒め 蟹型かざり、上海蟹肉のミルフィーユ仕立、上海蟹脚とアスパラガスの炒め、海老と上海蟹の玉子の牡丹かざり、上海蟹肉入肉団子の柔らか煮、上海蟹肉入小籠包と焼菓子、杏仁プリン


東京『大観苑』の内観

日中は、陽の光も差し込みシンプルモダンな雰囲気で、贅沢なひと時を。


大阪『大観苑』の内観

重厚で高級感ある雰囲気で、特別なひと時を過ごせる。


■イベント概要

イベント名称:王宝和酒家 上海蟹フェア
日程:【東京】10/21(金)〜10/26(水)
/【大阪】10/27(木)〜10/29(土)
時間:ランチ:11:30〜15:00※大阪は14:30まで
/ディナー:17:00〜20:30※大阪は21:30まで
場所:大観苑(千代田区紀尾井町 4‐1 ホテルニューオータニ東京)
  (大阪市中央区城見 1-4-1 ホテルニューオータニ大阪)
料金:アラカルト/ランチセット¥5,000/コース¥14,000、¥17,000※それぞれ消費税及びサービス料別途
電話:【東京】03-3238-0030/【大阪】06-6949-3215
URL:
【東京】newotani.co.jp/tokyo/restaurant/taikanen
【大阪】newotani.co.jp/osaka/restaurant/taikanen