割烹料理店は格式もあり値段も敷居が高い…、なんて考えるのは今やナンセンス!最近では気負わずにリーズナブルな価格で、なんなら一人でも楽しめる和の店が急増中!そこで、そんな条件にぴったりの和の名店をご紹介します!


旬のものを最上の状態で提供『霞町かしわ割烹 しろう』

西麻布/割烹

〜焼鳥が主役の気さくな割烹〜

〝かしわ割烹〞と銘打つこの店の主役は焼鳥。ご主人の山崎志郎氏曰く「割烹という敷居の高さを軽くしたかったし、僕自身焼鳥が好きなので、かしわ割烹に行きついた」。鶏は噛みしめるほどに旨みが広がる比内地鶏を使用。コースには、もも肉、抱身、レバーの3種が登場する。

さらに脇を固めるのが、鰻や松茸など旬の食材。これから脂がのって旨くなる鰻もうざくや蒲焼にと様々な形で華をそえる。〆には松茸の親子丼が供されることも。旬の味と鶏肉のマリアージュが楽しめるコースが頂ける。


特製の親子丼は〆のごはんとして大好評なのだとか。こちらは、今が旬の松茸が入った豪華な一品。


店主の山崎氏。29歳の若さながら、赤坂の名料理店で8年修業。去年の9月に独立した気鋭の料理人。


カウンター10席のこぢんまりとした一軒。料理はおまかせコースのみ。LO23:00からでも本格的な和食のコースが楽しめる。


新米の甘やかな香りに誘われる『心米』

白金高輪/和食

〜食べ比べできる美味ごはんの殿堂〜

10数年前、土鍋ごはんブームに火をつけたあの『心米』が白金高輪に移転してリニューアル。4ヵ月の充電期間を経て、この1月再オープンした。コースを置くなど、以前よりやや割烹色が強くなったものの、豊富なアイテムのアラカルトは健在。

「今度は、一合炊きにして色々な米を食べ比べられるようにした」とは吉田政紀料理長。

お米はつまみに合わせて食べ分けができるのが、この店の売り。刺身には粘り気の少ない岐阜県のハツシモ、たまごかけごはんなど素朴な食べ方には岡山県の朝日とお米と料理のペアリングも一興だ。


蓮根餅 穴子の白焼き乗せ鼈甲餡掛け¥1,200。ふわっと柔らかな穴子と、もっちりとした蓮根餅との食感の妙が楽しめる。


調理場に立つ、吉田料理長。おまかせコースは¥9,500。おばんざい的な一品から割烹料理、そしてハンバーグなどの肉料理まで幅広いアラカルトメニューも魅力。


カウンターと、テーブル席で合わせて12席。白金高輪の駅から歩いて5分ほどの落ち着いた住宅街の中に店を構える。


¥5,000で和のコースが堪能できる!お得な店が登場!

古民家を和モダンに改装したくつろぎ空間『酒斎 伊とう』

新富町/小料理

〜粋な料理とごはんが旨い和食処〜

下町の風情漂う築地の路地裏。元三味線のお師匠さんの家だった一軒を改装したのが『酒斎 伊とう』。去年8月のオープンだ。「うちは居酒屋以上割烹未満」。そう語るご主人の伊藤卓也氏は、仏や伊など洋食畑を歩んだ後、『新ばし 久』で修業。和食に転向した異色派だ。

コースは5品¥5,000と7品¥6,800の2種類。¥6,800からのコースでは、フライも登場するものの、料理は純粋な和食。土鍋ごはんの美味しさは『久』譲り。ここでは、秋刀魚や新銀杏など旬の味覚を盛り込んだ炊き込みスタイルで楽しめる。


前菜は、時期やその日の仕入れ状況で変化する。食欲を刺激する盛り付けも、和食ならでは。


ご主人の伊藤卓也氏。一度洋食にも挑戦するものの、しっくり来ず居酒屋さんに勤めたそう。その経歴ゆえの、料理の多様さ、自由度が楽しめる店だ。


カウンターの他に個室も。店内には店主が趣味で集めたという、古道具やヴィンテージのステンドガラスなどが飾られ趣のある空間を作り出している。


27時まで本格和食が楽しめる『寛幸』

東銀座/小料理

〜センスが光るオリジナル割烹料理〜

割烹料理のテイストで味わう家庭のお惣菜。そんな粋な晩餐を約束してくれるのが、東銀座『寛幸』だ。それも、店主の佐藤寛幸氏が、岐阜の名店『たか田八祥』、三田『晴山』出身と聞けば納得。コースには〝すっぽんとなめこの秋巻〞や八丁味噌ソースの〝飛騨牛ハンバーグ〞など一捻りした料理が並ぶ。

とはいえ、いずれもきちんと和食に落とし込んでいるのはさすが。秋の定番〝秋刀魚の塩焼き〞も、大根おろしの巧みなアレンジが新鮮な美味を堪能させてくれる。


「秋の食材を巻いたので秋巻」というこちらは、なめこの食感が楽しい一品。中華というより和の味わいなところが新鮮。


ご主人の佐藤寛幸氏。予約をすれば、ランチにも対応してくれるとのこと。


オープンは去年の10月。コースは¥10,000からで21時まで。22時からはアラカルトでの注文が可能になる。