どうせ食べるなら美味しいうにを食べたいが、都内で食べるとなると値段が高いのが悩みどころ。そんなあなたの“うに欲”をお得な値段で解消してくれる、大人の居酒屋『牡蠣 うにぽん』が新橋にあった!

なんとその額、北海道産の新鮮うにを使用して500円=ほぼ原価。そして、すごいのはうにのお通しだけではなかったのだ!



この思い切りの良さ!しかしいったい、何故、そこまでしてくれる⁉


まず着席して驚くのが、コース料理以外を注文する全てのお客さんを出迎えてくれるスペシャルなお通し。息を飲むほど鮮やかなオレンジ色とエグみのなさが特徴の北海道産バフンはなんと500円。

こちらが台所事情を心配してしまうほどのお値段である。「正直、このお通しに関しては儲けはゼロ……、ほぼ原価でお出ししています!」と岡田店長。

うにはとにかく高価だという先入観を持っているお客さんに「あれ、ふたを開けてみる意外と安いんだな。そしてやっぱり、うには美味しい!」と思い直してもらいたいからだそう。いや、それは作戦勝ちである!

このお通しのおかげでまんまと口の中がうにモードに切り替わり、さらなるうにを求めてメニュー表を食い入るように眺めてしまうのだ。


うにを心ゆくまで堪能したい方には、こちらの見事な「雲丹丼」(2,980円)がオススメ。エグみを抜いたムラサキうにを100gたっぷりと白米の上に敷き詰めた。

まずは何もつけず、次に岩塩をほんのりとかけ、最後に大豆醤油を少したらすと、1品で3度うまし。これでもかとクリーミーなうにを堪能できる逸品である。

居酒屋でここまでのうに丼が食べられるところも、なかなか珍しい。さらにここの凄さは、“牡蠣”とうにのマリアージュにあったのだ!


新感覚、うにと牡蠣のマリアージュ!?


うに×ポン酢の特製タレ「うにぽん」でいただく、新鮮な国産牡蠣に悶絶


なんとこちらの看板メニューは、プリップリの高級国産牡蠣の上に、お通しのうにをオンしていただく手法。この日の牡蠣は北海道の「仙鳳址産」「厚岸産」、宮城県の「女川産」など、名産の牡蠣がズラリ。シーズンによって一番美味しい産地を選ぶため、仕入先は日によって異なる。

牡蠣は殻を開けてみるまで、粒の大小が分かりません。前日にいくつか実際に確認してみて、うちの基準をクリアしたサイズのものでなければ、仕入れないようにしています」と話す岡田店長。うにの仕入れだけではなく、牡蠣の質に徹底的にこだわっているのだ。


牡蠣にうにを乗せたら、ポン酢にうにを溶いた特製タレ「うにぽん」をかけていただく。ありそうでなかった贅沢にして斬新なタレ!どんな経緯で誕生したのか、岡田店長に聞いてみた。

「一般的に牡蠣の食べ方としてはわさび、ビネガー、ケチャップをかけるのが王道で、実はみんな牡蠣そのものの味を楽しんではいないのではと気づきました。確かに、クリーミーな牡蠣をさっぱり食べるのはもったいない。

ならば、うにと一緒に食べることで牡蠣の味がより広がるのではと思いつき、この『うにぽん』をスタッフみんなで頭突き合わせて生み出しました」


それでは食べ方を習って実食してみよう!

お店が推奨する“牡蠣の食べ方withうにぽん”はこうである。牡蠣の上にうにをおもむろに乗せたら、お好みで岩塩を振りかけ、レモンを味のアクセント程度に1滴絞る。

ここで“レモン汁プシャー”は禁物。せっかくの高級牡蠣がレモン味に染まってしまいもったいない。その後、「うにぽん」をお好みの量かけてパクリ!

口に入れてまず驚くのは甘くてクリーミーなうえに粒が大きい、牡蠣のクオリティー。牡蠣本来の甘さと「うにぽん」の酸味、岩塩のザラっとした塩味のハーモニーが広がったと思ったら、最後に口の中に残る濃厚うにがトドメを刺してくれる。まさに贅沢な“時間差口撃”を堪能できるというわけだ。

またこれらには日本酒をあわせて欲しい。同じ琥珀酸を主酸成分としているので、牡蠣と日本酒は相性がぴったり。店内には約30種もの日本酒を常備しており、銘柄にもよるがグラス1杯400円から注文できる。飲み比べができる「獺祭利き酒セット」(3,500円)が人気だ。


新橋という場所柄、客層はサラリーマンばかりかと思いきや、牡蠣がシーズンを迎える11〜3月は牡蠣好きの女性客で大賑わいとなり、その割合は6、7割を占めるという。

女性を意識した「生うにのジュレポンかけ」(800円)などの創作メニューも充実しているので、女子会などでも利用ができそうだ。

10月からは忘年会シーズンをにらんだ、「うに鍋」も登場予定なので、日頃頑張るチームへのご褒美として、うにと牡蠣に心ゆくまで溺れるのもいいだろう。

新橋駅烏森口から徒歩2分。サラリーマンたちで賑わうこの街に現れた、牡蠣居酒屋『牡蠣 うにぽん』にぜひ足を運んで欲しい。