好評だった「年収1,000万円プレイヤーの家計簿」という連載。実際にマネーフォワードやMoneyTreeといった家計簿アプリを使っている人を中心にヒアリングを重ね、生々しい支出事情が垣間見えた。

東カレ読者にとって身近な存在に思える「年収1,000万円プレイヤー」。男性のみに絞って、彼らが何人くらいいて、どこに生息するのかという推計を、番外編としてお届けする。

東カレ婚活女子にとっての「年収1,000万円プレイヤー」は高望みなのか?現実なのか?



年収1,000万円以上の男は、ざっくり1学年2万人程度か


<根拠>
30代で年収1,000万円の人口比率:1.5%
出典:DODA平均年収ランキング2015

30代で年収1,000万円の男性の比率:2-3%(女性の比率が低いと仮定)
30代の一学年の男性の平均人口:約85万人
30代で年収1,000万円の男性は一学年につき:約1.7-2.5万人


既婚未婚関わらず、おおよそ30代男性は1学年につき2万人程度が年収1,000万円プレイヤーと推計されます。もちろん、31歳と39歳では含有率が違ってくるでしょう。


30代慶応ボーイの4人に1人は年収1,000万円プレイヤー


東カレ読者に多いであろう大学別に推計します。

【根拠】

<東大京大早慶学部卒男性:0.5〜1万>
東大:0.5万*10%〜30%=500〜1,500人
京大:1万人*10%〜25%=1,000〜2,500人
慶応:0.5万人*10%〜25%=500〜1,250人
早稲田:3万人*10%〜15%=3,000〜4,500人
*上記は男性の一学年の学部卒人数
*比率は30代の年収1,000万円プレイヤーの推計比率

ざっくりですが、東大早慶学部卒の男性のみで年収1,000万円プレイヤーは最大1学年1万人程度いると推定。

例えば、慶応を例に挙げると、25%程度は年収1,000万円を超えていると思われます。特に経済学部や法学部のみなさん、ゼミに男性が20名いたとるすると、5名程度は年収1,000万円を超えているというのは、肌感覚としてほぼ合致しているのではないでしょうか。

東大京大早慶以外にも、一橋や東工大など年収1,000万円プレイヤーの比率が高そうな大学もありますが、ざっくりと東大京大早慶とそれ以外で年収1,000万円プレイヤーは半々くらいではないでしょうか。


年収1,000万円プレイヤーのうち、あの職業が20%も?

「医者」は全体に対して20%程度となる可能性も


続いて職業別です。まずは国家資格が算出しやすかったのでそちらから。

【根拠】

医師試験男性合格者数:年間0.5万人*70-80%=3,500-4,000人
司法試験男性合格者数:年間0.15万人*10-20%=150-300人
*比率は推定の年収1,000万プレイヤーの比率

医師は勤務医であっても30代になれば最低年収1,000万円を超える場合が多いようです。しかし、弁護士は有名ファームに所属したり、独立して軌道に乗っていれば年収1,000万を超えますが、零細弁護士も数多くおり、決して昔ほど高所得者比率が高い職業であるとは言い難いようです。ちなみに、弁護士は経費を差し引いた「所得」では30代で年収1,000万円以上は3.8%というデータもありました。

職業自体としても医者の方が弁護士よりも人口が多く、仮に年収1,000万円プレイヤーが2万人と仮定すると、医者の比率は20%で最大比率です。東カレ読者にも多い医者、ですが年収1,000万円プレイヤー銘柄の王道といえるでしょう。


サラリーマンの母数では「総合商社」が最大勢力か


続いてサラリーマンの業種別。

【根拠】

外資金融:全社合わせて1学年男性150人程度と仮定
戦略コンサル:全社合わせて1学年男性100名程度と仮定
5大総合商社:1学年1社男性80人と仮定×5=400人
広告代理店:1学年1社男性80人と仮定×2=160人
TV局:1学年1社男性10人と仮定×5=50人
日系証券会社:1学年1社男性40人と仮定×2=80人
メガバンク:1学年1社男性100人と仮定×3=300人
インターネット企業:1学年1社男性50人×10%=5人×6社=30人
*インターネット企業は1,000万円プレイヤー率10%と仮定

主要セクター1学年1,000万円プレイヤー=1,280人

上記主要セクター以外にも1,000万円プレイヤーはいるでしょうし、母数としてはもっと積み上がるとは思われます。

東カレによく登場する外資系金融は年収2,000万台以降が実質的には多いでしょう。最大勢力と思われる総合商社は、商社マン優作のこちらの記事にある通り「憧れの年収1,000万円手前で見えたもの。課長クラス多すぎな商社の現実」、役員クラスまでいかないとほぼ年収1,000万円台で止まります。

婚活女子は「1,000万円台」を狙いたいのであれば、総合商社がオススメです。2,000万円台には上がりません。


残るはあの職種しかない!?

最大母数はやはり「経営者」?


医者弁護士などの資格職、エリートサラリーマン、どちらにも当てはまらないのが「経営者」です。

【根拠】

日本法人の数:300万社
30代経営者数:全体の10%程度と仮定して30万人
30代経営者の1学年の数:3万人
30代経営者3万人*10%〜20%=3,000〜6,000人
*10-20%の経営者が年収1,000万円と仮定

起業して10年続く企業は4%とも言われていますが、どんなにしょぼくとも社長は社長です。年収1,000万円も稼げないような社長は、少数派とすら言えるかもしれません。廃業率も鑑みた上で、控えめな数値として1,000万円プレイヤー比率を10-20%と推計しました。

1学年に男性経営者は3万人いて、0.5万人程度が年収1,000万円プレイヤー。高校のクラスに1人は経営者になっていて、年収1,000万円あるかもしれない。というのは感覚的にリアリティがあるかと思います。


総括:年収1,000万円以上の男の生態


全て1学年カウントで整理します。

【年収1,000万円以上の男の生態】

総数:2万人前後
東大京大早慶卒:0.5-1万人

医者・弁護士などの資格業:0.5万人
サラリーマン:多くて0.5万人
経営者:0.6万人

上記が40代に近づくに連れて、人数が増えていくと想定。

しかも40台に近づくにつれて既婚率が上がっていきます。1,000万円プレイヤーが1学年に2万にいたとしても、半数は既婚とすると、1万人程度。1学年の女性が男性と同じく85万で、20代後半を中心に未婚女性が1学年50万人とすると、1,000万円プレイヤーと付き合える(結婚できる?)確率は2%程度となります。

2%というのは50人に1人ですが、環境にも寄ります。同級生と結婚する確率が高いとすると、慶応大学では30代男性の4人に1人(既婚含めて25%)が1,000万円プレイヤーですから、慶応ガールが1,000万円プレイヤーと結婚できる確率が2%ということはありません。控えめに見積もっても、10%程度(結婚はカオとカネの交換と仮定した場合、上位10%の美人)は1,000万円プレイヤーと結婚できるのではないでしょうか。

新・東京婚活事情や東京婚活マーケット分析といった連載をお届けしていますが、婚活女子の皆様は自身の価値とターゲットとするマーケットを見極めた上で、婚活市場を勝ち抜く参考にしていただけますと幸いです。