これは史上最強の贅沢丼ではないだろうか。うにといくらがふんだんに入った、その名も「海の卵かけごはん」。

涼しくなってきた今日この頃、旨い酒と肴で、しっとりと楽しみたい……。そんな気分のときにはぴったりな、高級食材を使用しているのにコスパがいい名店をご紹介しよう。


もはや宝石よりも美しい…輝く魚卵に喉が鳴る!

多数のメディアでも紹介され、著名人や食通も通う麻布十番の名店『十番右京』。その魅力は、箸を休める暇がないほど贅沢で、美しい料理の数々である。

まず紹介したいのは「海の卵かけごはん」だ。食べるのを躊躇してしまいそうなほどの美しさはまさに「宝石」。うに、イクラ、上品に盛られたキャビアという3種の魚卵を贅沢に使用している。なのに1,780円という破格のコストパフォーマンスがすごい!

「卵の下に特製のタレがかかっているので、卵を潰し、よく混ぜて召し上がってください」とおすすめの食べ方を教えてくれたのはオーナー・岡田右京氏。


覚悟を決め岡田氏の薦め通り豪快に卵を混ぜていく。卵の下に隠れた秘伝のタレと、魚卵の生み出す旨みがご飯全体に行きわたったら、食べ時だ。

うに、イクラの両方を一気に口に運び、その旨さを噛みしめて欲しい。あっさりとしていて食べやすくお酒の〆に味わう一品に最適の仕上がりになっている。

名物「トリュフたまごかけご飯」に次ぐ人気メニュー「海のたまごかけご飯」が考案されたのは1年ほど前のこと。

常連さんから「トリュフたまごかけご飯」以外のご飯ものが食べてみたいという声が挙がったことをきっかけに、岡田氏も好物である魚卵を贅沢に使った丼を完成させたという。


まだまだ魚卵尽くしは終わらない!

やはり魚卵の味をもっとダイレクトに味わいたいという人におすすめなのが「イクラ/うに/キャビア おちょこ丼 3個セット」だ。注目したいのはキャビア丼。

ただキャビアをのせているだけではなく、キャビアの塩気に合うよう海苔が混ぜ込まれており、磯の香りが喉を通る頃にふわりと抜けていく。

岡田氏のこだわりは、塩イクラを使用するところ。これは「海の宝石たまごかけご飯」のイクラも同様だ。醤油漬けのイクラよりもねっとりとしていて、食べ応えがありお酒のあてにもなるイクラ丼と言えるだろう。


「ジューシー!ウニしゅうまい」を食べずして帰るべからず!!

このシュウマイただ者じゃない!これを食べずして帰るべからず

『十番右京』の魅力的な料理は、〆のご飯ものだけに留まらない。とにかく食べて欲しいのが「ジューシー!ウニしゅうまい」だ。

鶏肉を使用した自家製のシュウマイを丁寧に蒸し上げ、その上に手作りのうにのソースをかける。そして極めつけにうにものせるのだ。上品に箸で割って食べようとせず、ぜひ1個をそのままひと口で頬張って欲しい。

まず、口当たりの滑らかなシュウマイの美味しさが襲い、後から追いかけるように濃厚ながら絶妙な加減で仕上げられたうにソースの旨み、そして生うにのプリプリ食感が一体となって押し寄せてくる!

1個が口の中から無くなるのはあっという間で「あの美味しさはなんだったのだ?」とつい追加オーダーしたくなる、そんな絶品料理である。


トリュフたっぷり!ポテトサラダも外せない

おすすめ料理を挙げはじめると尽きることない『十番右京』。最後に紹介するのは「トリュフポテトサラダ」だ。

名物である「トリュフ卵かけご飯」に負けないほど、トリュフをたっぷり使用。大衆的なポテトサラダと高級食材トリュフというアンバランスな組み合わせではあるが、味は見事なまでにマッチしている。

そのマッチングを生み出しているのは卵だ。通常のポテトサラダよりも卵の含有率を高くしているため、トリュフとの相性も良くなっている。しかしそれでいて、ゴロッと切られたジャガイモからしっかりとポテト感を感じることができる。隠し味にいぶりがっこを使用し、食感の楽しさも演出。

キュウリや厚切りベーコンという定番食材の陰で、卵、いぶりがっこという名脇役が、しっかりと主役のポテトとトリュフを支える見事な演出は、岡田右京氏の名プロデュースが生んだ、ひとつの舞台作品のようである。


和食だけでなく洋食材も積極的に使い、それに合わせる膨大なお酒の数々。その味を求めて、連日多くの予約客が訪れるためかなり予約は取りにくい。

朝4時まで営業しており、当日でも2回転目の時間帯を狙って予約してくる方も多数。空き次第電話をしてくれる。またテラス席は、当日予約のみなので、天気のいい日にテラスを狙うのもいいだろう。

秋の夜長にしっぽりを日本酒と旨い肴をたしなみたい名店だ。