日が短くなり、肌寒い日も増えてきた。夏のアゲアゲ気分に別れを告げちょっぴり寂しい気持ちの人もいる中で、日本酒好きは密かにニヤついているのでは?そう、秋は「ひやおろし」が解禁されるのだ!

ホテル龍名館東京15Fの『花ごよみ東京』で「日本酒の日」の10/1(土)から11月末まで、「小さな日本酒BAR〜秋のひやおろし2016〜」が開催される。日本全国から厳選された12銘柄飲み放題という、日本酒好きには堪らないイベントだ!

どんな味を堪能できるのか?早速、予習していこう!


まろやかな味わいが特徴!今が旬の日本酒12銘柄が飲み放題

冬に醸造して、夏に涼しい酒蔵で熟成した後、秋に取り出して出荷する「ひや(冷や)おろし(卸し)」。蔵から出して二度目の火入れをせずに卸すところから、この名がつけられている。

イベントでは、常時12銘柄を用意。解禁時期が各地域や蔵で異なるため、10月下旬頃に一度8銘柄を入替えを行う。つまり、期間中は計20銘柄を堪能できるのだ。

銘柄は、『花ごよみ東京』女性利き酒師4人が厳選。日本全国で異なる「ひやおろし」の味を愉しめるよう、各地域から偏りなく選ばれた。故郷の銘柄にも出会えるかもしれない。


フェア開始日から揃う12銘柄は、青森、秋田、山形、新潟、長野、神奈川、静岡、和歌山、奈良、広島、山口の12蔵からチョイス。

中には、今秋出荷する120本限定の「まんさくの花 ”勝鬨SP 26BY”」やワイングラスで香りを楽しむのがおすすめの「睦奥八仙」「楯野川 源流」など、珍しい銘柄も♪

各銘柄いずれも基本は“冷”で、お好みに応じてぬる燗も対応可能。ちょっとずつ飲みたいという人の為に、利酒セット「ぐいのみ猪口3種」も用意されている。


今回堪能できる「ひやおろし」ラインアップをご紹介!

左:特別純米・睦奥八仙(青森)
香りも味わいも華やかで、ほのかに甘くフルーティーで飲みやすいのが特長。さっぱりとした料理や魚介と一緒に。

右:特別純米・まんさくの花 勝鬨SP 26BY(秋田)
熟成された果実の如く濃厚なうま辛口。旨味辛味を増した、酒の勝鬨×「まんさくの花」日の丸醸造とのコラボ銘柄で、120本限定というレアな1本。


左:純米吟醸・雪の茅舎(秋田)
ひと夏寝かせて、穏やかに雑味が無く、バランスのとれた味わい。

右:純米大吟醸・楯野川 源流(山形)
ひやおろしの中では珍しく、軽快でスッキリとしたタイプ。低い温度からゆっくり上がる温度で、旨味がましていくのも楽しみの1つ。


左:山廃純米・いづみ橋 秋とんぼ(神奈川)
ガツンと力強い口当たりとキレ味。風味豊かな山廃仕込みで、食中酒としてお燗がおすすめ。

右:純米吟醸・山城屋 26BY(新潟)
新潟で新星の山城屋から登場した初のひやおろし。米の旨味と甘みを噛みしめるような味わいで、"秋の夜長に美女とゆっくり飲みたいお酒5選"に選出。


左:純米吟醸・美寿々(長野)
飲み口は綺麗にまとまり、青りんごや梨のよう。信州銘酒で、枕詞の"みすず刈る"が由来で、日本酒造りは自然豊かな信州と切っても切り離せないという意味。

右:特別純米・鰍(静岡)
"秋の魚にぴったりな酒"で"鰍"。同じ蔵元の大村屋酒造で作られる"おんな泣かせ"に似ており、風味穏やかに、柔らかくすっきりした味わい。


左:純米・黒牛(和歌山)
黒牛のひやおろしは、やや生っぽい、充分な旨味を有する、キレがよい、という3点が特徴。お肉料理やお味噌の料理と相性良好。

右:純吟無垢・幻鷹(奈良)
杜氏の隠し酒を目指して作られた、オリジナルブレンドの酒。芳醇なコクと無垢の酒独特な風味が出ている"秋あがり"。


左:吟醸・富久長 秋櫻(広島)
鮮やかな酸味と程よい甘さにボリュームがあり、まるで完熟したフルーツのよう。濃厚で旨味が詰まったひやおろし。

右:純米・雁木(山口)
無濾過らしく、酸度があって重みある奥深い味わい。燗酒にすると丸味が増し、冷とはまた違う味わいが楽しめる。


■イベント概要

名称:小さな日本酒BAR〜秋のひやおろし2016〜
期間:10/1(土)〜11/30(水)
時間:【月〜金】17:30〜22:00/【土・日・祝日】17:30〜21:00
場所:花ごよみ東京(中央区八重洲 1-3-22 ホテル龍名館東京 15F)
内容:ひやおろし12種飲み放題(3,890円)/利酒セット「ぐいのみ猪口3種」(1,200円)
電話:03-3271-1135
URL:hanagoyomi-ryu.jp/tokyo/autumn2016.html