9月、秋を感じ始めるとやっぱり紅葉が真っ先に頭に思い浮かびます。季節を先取り、「9月に紅葉を見に行こう!」というかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

この季節は紅葉本番にはちょっと早く、北海道や東北で綺麗に色付いているという印象ですが、簡単には行けません……。そこで、今回は関東からのアクセスのいい地域にしぼって紅葉スポットをご紹介!北海道や東北まで行かなくても紅葉は楽しめるんです!






hinata


関東の紅葉スポット

まずは関東の紅葉スポットをご紹介。一番行きやすいところはどこでしょうか。


那須高原(栃木)

見頃時期:9月下旬〜10月上旬
場所:栃木県那須郡那須町湯本

東京から約180km。車で2時間半ほどの場所にある栃木の那須高原は、都心からそれほど時間がかからない、日帰りにはもってこいの紅葉スポットです。雄大な那須の山々が連なり、歴史ある那須温泉郷などがあります。

おすすめのポイントは、赤、黄、緑のグラデーションが見れるということ!特に、最も有名な「姥ヶ平(うばがだいら)」では、カエデ・ナナカマドなどの赤とクマザサ・ハイマツなどの緑の見事な調和を見ることができます。那須ロープウェイからの眺めも絶景です♪また、帰りに那須温泉に行き、疲れを癒すのもいいかもしれませんね。


那須連山の広大な自然の中、他では見ることのできない、色彩豊かな紅葉を楽しんでみてはいかがでしょうか。宿泊施設も充実しているので、時間の余裕のある方は泊まりで、紅葉以外にも教伝地蔵や殺生石などのスポットにも足を運んでみてください♪

アクセス:
(公共交通機関) JR東北新幹線那須塩原駅から東野バス那須ロープウェイ行きで1時間15分
終点下車すぐ(那須ロープウェイ山麓駅)

(車) 東北自動車道那須ICから県道17号を那須岳方面へ17km
駐車場は190台、無料

公式サイト:那須高原


尾瀬ヶ原(群馬県側)

見頃時期:9月中旬〜10月上旬
場所:群馬県利根郡片品村戸倉

群馬・新潟・福島の3県にまたがっている尾瀬ヶ原ですが、その大部分は群馬県に含まれており、今回ご紹介するスポットも群馬県側です。東京から約190kmの距離にあり、日本一の広さを誇る高層湿原になります。春の水芭蕉で有名ですが、秋になると赤茶色の草紅葉が一面に広がり、まるで部屋を模様替えしたかのようです。那須高原に続き、東京から2時間半ほどの立地が嬉しいスポットです♪


おすすめのポイントは足元一面に広がる草紅葉です!皆さんが紅葉と聞いて、まず思い描くのは赤いモミジにに黄色いイチョウでしょう。しかしそれだけが紅葉ではないんです。ナナカマドやツタウルシの鮮やかな彩りはまさに紅葉。

見渡す限りの草紅葉は圧巻です。また、その中を歩けるところに魅力を感じます。見上げていた紅葉が目線をあげずとも見える紅葉は新感覚です♪春も水芭蕉で美しいですが、それとは異なる落ち着いた趣ある尾瀬ヶ原に出向いてみてください!

交通アクセス:
(公共交通機関)
JR上越線沼田駅から関越交通バス大清水・戸倉方面行きで1時間20分
戸倉で鳩待峠行きに乗り換えて30分
終点下車後徒歩1時間(尾瀬ヶ原・山の鼻)

(車)
関越自動車道沼田ICから国道120号・401号を経由
県道63号を鳩待峠方面へ車で45km
駐車場は1300台 無料・有料あり マイカー規制中は鳩待峠駐車場利用不可

公式サイト:尾瀬ヶ原


日光白根山ロープウェイ(群馬県)

見頃時期:9月下旬〜10月中旬
場所:群馬県片品村利根郡片品村東小川 丸沼高原

先ほどご紹介した尾瀬ヶ原にほど近い日光白根山ロープウェイ。丸沼高原の中にあり、関東最高峰の日光白根山麓からのびています。なんと標高1400mから2000mまで一気に上がります!

おすすめのポイントは、ロープウェイから望む一面の紅葉です!山麓駅から山頂駅まで、ロープウェイの中で360度に広がる雄大な自然と紅葉は壮観です♪その間約15分。心躍る体験になります。標高が高いので、早い時期からたのしむことができます。

丸沼高原の他のアクティビティとあわせて、草紅葉とは異なった形で足下に広がる紅葉をたのしんでください。

交通アクセス:
(公共交通機関)
JR上越新幹線上毛高原駅もしくはJR上越線沼田駅から路線バスで鎌田へ
鎌田から丸沼高原行きに乗り換えて丸沼高原下車
または東武日光駅、もしくはJR日光駅から東武路線バスで中禅寺湖へ
中禅寺湖からかたしな日光エクスプレスに乗り換えて丸沼高原下車

(車)
関越自動車道沼田インターから約50分 日光宇都宮道路清滝インターから約60分
駐車場は2100台 無料

公式サイト:丸沼高原


続いては甲信越の紅葉スポット!

甲信越の紅葉スポット

お次はもう少し足をのばして甲信越の紅葉スポットご紹介です。大自然の広がるこの地域は紅葉を見るのにうってつけ♪


栂池自然園(長野県)

見頃時期:9月下旬〜10月中旬
場所:長野県北安曇郡小谷村栂池高原

栂池自然園は、標高1800mから2000mに広がる日本でも有数の高層湿原を有する自然園です。ナナカマドやモミジ、ダケカンバなどの紅葉を楽しめるほか、数えきれないほど多くの高山植物を観察することができます。また、もう少し寒くなると白馬三山の登頂には雪が降り積もり、雪の白、紅葉の赤、オオシラビソなどの緑でなんと三段紅葉が見られます。


おすすめのポイントは、栂池高原から自然園へ向かう、ロープウェイを乗り継ぐ空中散歩の展望です!上にも下にも前にも、大自然と調和した紅葉が広がり圧巻です!また、園内には約5.5kmの木道があり、様々な動植物を観察するのは季節を感じられて楽しいです。軽いトレッキングに行くのにもうってつけです♪

交通アクセス:
(公共交通機関)
JR大糸線白馬駅からアルピコ交通バス栂池高原行きで28分
栂池高原で下車 その後栂池パノラマウェイに乗り換えて35分
栂池自然園駅で下車 下車後徒歩5分

(車)
上信越自動車道長野ICから国道19号へ
白馬長野オリンピック道路(白馬長野有料道路)を経由
国道148号を栂池高原へ車で55km(栂池高原駐車場)
駐車場は300台 有料で1日500円

公式サイト:栂池自然園


乗鞍高原

見頃時期:9月下旬〜10月下旬
場所:長野県松本市安曇 乗鞍高原

紅葉スポットがいくつもある乗鞍高原!どこで見ても美しい紅葉ですが、乗鞍山頂へと続く乗鞍エコーラインを行けば、よりスケールの大きな紅葉の眺めを楽しめます。また、夜になれば、ところ狭しと輝く星を見上げることができます。


おすすめのポイントは、三本滝、善五郎の滝、番所大滝の三大滝で見れる紅葉です!滝を囲んだ紅葉は、情緒ある雰囲気を生み出してくれます。おいしい空気を思いっきり吸って、その雰囲気に身を任せましょう。三つの中でも、三本滝は特におすすめです。三本の趣異なる滝が並んでおり、それぞれが美しいです。

交通アクセス:
(公共交通機関)
松本電鉄新島々駅からアルピコ交通バス乗鞍高原行きで50分
観光センター前下車すぐ

(車)
長野自動車道松本ICから国道158号を経由
県道84号を乗鞍方面へ車で40km
駐車場9ヶ所で1100台 無料

公式サイト:乗鞍高原


千畳敷カール・中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ

見頃時期:9月下旬〜10月中旬
場所:長野県駒ヶ根市赤穂759-489

中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイは、中央アルプス宝剣岳直下の通称「千畳敷カール」まで架けられた、日本電産最初の山岳ロープウェイです。高低差はなんと950m!終点の千畳敷は標高2611.5mもあり、ともに日本で一番の長さと高さを誇っています。中央アルプスの主峰駒ヶ岳は標高2956m、富士山や南アルプス連峰、御岳山、乗鞍岳、北アルプスを一望できます。また、高山植物の宝庫としても有名です。


おすすめのポイントは、日本一高いところにある千畳敷駅から望む紅葉です!大自然の絶景とともに、山頂から山麓にかけて紅葉がおりて来ている様をみると大感動です。本格的に山に登らずともこの景色を見れるのは嬉しいですね♪

交通アクセス:
(公共交通機関)
JR飯田線駒ヶ根駅から路線バス駒ヶ岳ロープウェイ線しらび平行き45分
終点下車すぐ(中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイしらび平駅)

(車)
中央自動車道駒ヶ根ICから車ですぐ(菅の台バスセンター)
駐車場は1000台 有料で 1回600円 菅の台バスセンター駐車場ほか

公式サイト:駒ヶ岳


最後は中部の紅葉スポットを紹介

中部の紅葉スポット

最後に中部地方のご紹介です!


新穂高

見頃時期:9月下旬〜10月下旬
場所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂

槍ヶ岳や穂高連峰に囲まれており、大迫力の紅葉を眺めることができます。奥飛騨温泉郷の紅葉は、場所により標高差があるためシーズンが長いことが特徴です。9月下旬に新穂高ロープウェイの山頂駅付近からはじまり、新穂高温泉のふもと周辺まで1ヶ月ほど楽しめるます。


ロープウェイを登ると、標高は2156mのその場所には展望台が!360度すべてを望むことができる大パノラマです♪「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に二つ星として掲載されたほど!

交通アクセス:
(公共交通機関)
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで1時間35分
終点下車すぐ

(車)
中部縦貫自動車道高山ICから国道41号・158号・471号を経由
県道475号を新穂高方 面へ車で54km 駐車場は250台 有料で6時間500円

公式サイト:新穂高


最後に

いかがでしたか?北海道や東北まで行かずとも、9月に紅葉が見れることがお分かりいただけたでしょうか。様々なタイプの紅葉スポットが多くありました。皆さんの求めるものにあったスポットへ、秋を先取りに少し足をのばして紅葉を堪能しちゃいましょう!


<関連記事(hinata)>

・【9月下旬〜11月中旬】一面の秋色!関東から行ける紅葉名所14選

・紅葉シーズンまっただ中!六甲山最高峰ハイキング&有馬温泉に行ってきた☆

・もっと楽しもう!紅葉狩りのうんちくと持っていくべきアイテム