気になるお店を見つけたとき、グルメサイト「食べログ」での評価が3.2以下だとなんだかがっくりした気分に。しかし「食べログ」は影響度の高いユーザーの口コミや、一定数の投稿がないと高得点になりにくい仕組みがある。

実は最寄り駅から遠いだけ、見つけられない場所にある、新店など認知度が低いだけで埋もれている名店は多い。そこで次世代の人気店となりうる「食べログ」3.2以下の旨い店をここぞと紹介していく。

今回は東カレ読者に人気のエリア「恵比寿」のデートに使えるレストラン!
※点数は2016.9.21時点のもの

前回:新宿でどこに行けばいいの !?そんな貴方に教える、食べログ3.2以下でも旨い新宿の名店4選


“あか牛”推しの肉料理店
『オルゴーリオ・デル・カザルタ』3.00点

豪快なビステッカで人気を集めた広尾の『オルゴーリオ・デル・カザルタ』が、恵比寿に移転したのは2015年10月。

今野義則シェフが得意とする肉料理は今もなお健在だが、カウンタースペースを設けたことでぐっと通いやすい雰囲気になった。

「ワイン1杯、料理ひと皿でも気軽に」との思いから前菜からメニューは豊富。「ヒレ肉のカルパッチョ」や「生ハムとサラミの盛り合わせ」などスタートからガッツリ行けるのも肉食には嬉しい。


メインの肉料理も自慢のビステッカはもちろん、「仔羊のカツレツ」「トリッパの煮込み」など思わず目移りしてしまう。どれにしようと二人でメニューを見比べれば距離はあっという間に縮まる。

食べログの口コミはまだ2件のみ。ここは思わず内緒にしたくなる名店なのかもしれない。飾らぬ上質な雰囲気に、肉好きならずとも心が弾む。

覚えておいて損はない大人の隠れ家だ。


ほろ酔い気分で肉三昧!
『ビストロ&ワイン コトラ』点数なし

ふたりで気楽に食事を楽しみたいときに重宝するのが、カウンター主体のカジュアルビストロだろう。そんな願いを叶えてくれるこちらは、ひとりでも心地良く過ごせることで人気の『ビストロ&ワイン コトラ』だ。

『レストランひらまつ』出身の山本洋史シェフがすすめるのは、火入れにこだわった肉のグリル料理。

なかでも人気なのは、芝浦から仕入れる定番のハラミやタン。芝浦の食肉市場から直接仕入れているので、品質にはかなり期待ができる。


さらにちょっとしたおつまみのクオリティも高いので、普段使いにはもってこいの場所。夕方になってちょっとお肉とか食べたいなという気分のときも、ここであれば気軽に叶えてくれる。

恵比寿駅から徒歩2分という好立地。店はこじんまりとしているが、「ただいま」と帰りたくなるほどのアットホームな雰囲気に心が落ち着く。


地下の隠れ家的なレストラン

名物の炊き込みご飯を誘い文句に
『トレ・ブルー』3.13点

個性際立つビストロ店が多い中目黒で国産食材にこだわった料理を提供し、人気を集めた『コロレ』が、店名を新たに恵比寿にオープンしたのは2014年5月のこと。

以前からファンが多かったお肉のメリメロサラダやココット炊き込みご飯といったメニューは、もちろん健在。

駅から少し離れたビスの地下はどことなく隠れ家めいた大人な雰囲気で、彼女とゆっくり会話をしながらワインと料理を楽しむのにぴったり。CPの高さも申し分なし。


運ばれてくれば思わず歓声の上がる「ココット炊き込みご飯」は誘い文句にも使えそう。

「フォアグラの炊き込みご飯でも食べない?」なんて言われれば、グルメな人は足を運ばずにいられないだろう。またカジュアルな雰囲気なので女子会にもぴったり。

店内は席数50席の広さなので、何かしらの会で使える良店である。


恵比寿の新たな隠れ家
『エカオ』3.09点

2007年に恵比寿にオープンした小さなイタリアン『ekao』。昨年から休業宣言をしていたが、5月19日にファン待望のリニューアルオープンを迎えた。

恵比寿駅西口より徒歩1分の小さな雑居ビル。エレベーターもないこのビルの階段を3階まで上った場所にある隠れ家イタリアン『ekao』がある。こじんまりしているが、確実に旨い料理が食べられてBGMもセンスよく、しっとりと大人デートにも使えるイタリアン&バー。

必食なのは、人気No.1の「キュウリとパルメザンチーズのサラダ」。極薄にスライスされた透き通るキュウリが美しく並べられ、その上にたっぷりのパルメザンチーズがかかっている。これをフォークで豪快にすくい上げほお張る。キュウリがこんなご馳走に変わってしまうなんて…。シェフの腕が光る、ここでしか食べられない贅沢な一品だ。


店の一番奥には、恵比寿の街を見下ろしながら寛げるソファ席も。大きな窓から差し込むかすかな光が絶妙な間接照明として働く、魅力的な場所。もちろん、デートにはカウンターも外せない。

深夜3時まで営業しているため、レストラン使いだけでなく、バー使いもできるところが嬉しいのだ。

駅前にも関わらず、この隠れ家感。これからの恵比寿デートには欠かすことができない存在である。