街の穴場グルメを知るには、その街で働く人に尋ねるべし! 人気連載の第四弾は、グルメ激戦区の中目黒からお届け。

あの『LDH』のアパレル部門で、ジュエリーブランド『Enasoluna』を担当する美人プレス・鈴木理恵さんが教えてくれた、グルメ必見の4軒をご紹介しよう。


味はもちろん、緑に囲まれたロケーションも最高の『Stall RESTAURANT』

「中目黒の好きなところは、この落ち着いた雰囲気。目黒川沿いを歩けば、春は満開の桜、夏には緑といったように、都心にいながら四季を感じられるのも気に入っています」と笑顔の鈴木さん。

『LDH』に入社して6年目を迎える鈴木さんが、週に1度は食べにくるというお気に入りの店がここ『Stall RESTAURANT』。

池尻大橋にも近い目黒川沿いの静かなロケーションにあり、大きな窓からは桜並木の緑が臨める。「おしゃれなお店で気になってたんですが、味もとても美味しかったんです!」


「私がよく頼むのはパスタランチ。外食が多いと栄養バランスも気になるので、野菜がたっぷりなのもうれしいですね」。

この日のパスタは、食感が異なる2種の秋ナスと、からすみをふんだんに使った贅沢なもの。自然農法などで栽培される野菜を多用し、素材本来の個性が際立つ味わいだ。

手の込んだパスタに、スープ、パン、食後のコーヒーが付いて1200円。天井が高く、スタイリッシュだが落ち着ける店の雰囲気も最高で、ゆったりとランチタイムが過ごせそうだ。


パワーチャージは焼肉で! 鈴木さんが肉女子会を開く店とは?

ときに和素材も使いこなす、ボーダーレスで自由な料理が魅力

「駅から少し離れていることもあって、ここは比較的いつも静かで、落ち着いた大人のお客さまが多いですね」と話すのはヘッドシェフを務める小原鉄平さん。

ディナーでは、日々入荷する旬の食材が日替わりでアレンジされる。オリーブオイルだけでも5種類を使い分け、魚醤など和の調味料も意識的に取り入れた料理の数々は、オシャレなだけではなく繊細なおいしさがある。


実はここ、1つの空間に2つのスペースが共存するユニークな場所でもある。

『Stall RESTAURANT』の片側には朝8時から営業するコーヒースタンド『The Workers』があり、1日中どんなシチュエーションでも“使える”勝手のよさがまた人気を博す。

鈴木さん曰く「仕事の息抜きにふらっと立ち寄って、コーヒーのテイクアウトをすることも」。肩肘張らない自然体の楽しみ方が似合う、中目黒のはずれの隠れた名所なのだ。


ガッツリ系“肉女子会”でお世話になるなら『ビーフキッチン』

「仕事で疲れているときに、お肉を食べたくなるんですよね。『ああ、血を作らないと!』みたいな感じで(笑)」と語る肉食系女子な鈴木さん。

そんなときお世話になるのが、中目黒駅から徒歩約5分とアクセスもいい『ビーフキッチン』。

「内装も素敵で、気分が上がるんです。長い付き合いの女子友達と、仕事抜きでわーっと楽しむ“肉女子会”をときどきやっていて。女子会だと、内装がおしゃれなお店の方が、集まっていて楽しいかも」。

スタイリッシュでモダンなインテリアながら、意外やリーズナブルなのがこちらの特徴。黒毛和牛の各部位が、1枚から注文できるという懐の広さもうれしいかぎりだ。


ジューシーで肉々しいハンバーガーが楽しみな『GOLDEN BROWN』

突如ニューヨークの街角にトリップしたかのような、味のある外観が目を引くグルメバーガーショップ。ほんのり甘みのあるバンズにジューシーなパテが挟まれたハンバーガーは絶品。表参道に支店も持つ人気店だ。

「ここのハンバーガーは、肉々しいパテがたまりません。店舗担当のスタッフが中目黒のオフィスに来る際、一緒に行きました。わざわざ中目黒まで来てもらうからには、やっぱり美味しいものを食べてもらいたいと思いますが、ここなら間違いなし!」

鈴木さんはランチで利用するそうだが、カジュアルな雰囲気でアルコールを楽しめるディナータイムもおすすめ。


「今の時期は何が何でも食べたくなる!」という名物麺とは?

夏が来ると何が何でも食べたくなる、『東京 土山人』のあの名物!

中目黒駅から目黒川沿いに徒歩10分以上歩いた、閑静なエリアにある『東京 土山人』。多くの著名人が通うことで知られる有名店だ。鈴木さんのオフィスからも近いが、初めて訪れたのは友人の紹介だったのだとか。

「前の職場の友人がずっと中目黒に住んでいたのですが、彼女が『絶対に食べた方がいいから!』と連れて行ってくれたのが最初です。冷たい『すだちそば』が本当に美味しくて。さっぱりしていて、夏には最高。あれなら何杯でも食べられる気がします(笑)」。

鈴木さんお気に入りの「冷やかけすだちそば」は5〜10月の限定メニュー。温かい「すだちそば」は通年食べられる。ゆったりとしたソファが並ぶ店内は時の流れが止まったかのよう。とっておきの日に訪問したい特別な蕎麦屋だ。


■今回ご協力いただいた『Enasoluna(エナソルーナ)』
モデル・女優である佐田真由美さんがディレクションするジュエリーブランド。可憐で繊細なデザインが感度の高い女性たちを中心に人気を博す。
http://www.enasoluna.com/