代官山駅 西口から徒歩7分。4月にオープンしたばかりにも関わらず、知る人ぞ知る隠れ家的バーがあるという。それが、『LIQUOR and CIGARETTES M(リカーアンドシガレッツエム)』だ。

このエリアには珍しく、シガ―(葉巻)が楽しめるこのバーには、夜な夜な業界人やエリートたちが集まるのだとか。バーへと続く螺旋階段を下りていけば、そこには洗練された大人の社交場が広がっている。

ガラス張りの扉を開くと、優しい笑顔で迎えるバーテンダーの帰山さんの背後には、妖艶なチーターの姿が。

「高級ホテルのクオリティを堪能出来るバーが、ここ代官山にあります。」と、オーナーは話す。


「ねえ、帰山さん。あの曲歌ってよ。」そんな無茶ぶりにも快く応え、バーの下から取り出したのは帰山さん自慢のギター。台風が東京に近づいていたこの日、バーの階段の上から聞こえる雨音を聴きながら、「Squall」の歌声に酔いしれたのは、シャンパンのせいか、それとも囁くようなその歌声のせいか…

地上の喧騒を逃れ、時が止まったかのような空間がここにある。


「山崎」や「響」のビンテージ、入手困難な「イチローズ・モルト」をはじめとするジャパニーズウィスキーを、丸氷にバカラのグラスでご提供するのが『M』の流儀。

それに、少し小腹が空いてしまっていても大丈夫。アンチョビを贅沢に使い、丁寧に焼き上げた「本日のピザ」は、クランチ―な生地とのコンビネーションが絶妙。女性の小腹をだまらせてくれる一品だ。また、運が良ければ、『M』特製ソースを使ったたまごサンドをオーダー出来るかもしれない。裏メニューながらファンも多いのだとか。


もう1つのこだわりは、シガ―だ。オーナーの旦那様が選び抜き、キューバ産のコイーバ、パルタガス、ロメオ、モンテクリストといったラインナップを揃える。1本のシガ―を吸いきるには最低40分ほどかかるものだが、甘い香りに身を委ね、カクテルと共にラグジュアリーなひと時を過ごしてみてはいかがだろう。


坊やと小娘にはまだ早い…? 駆け引き上手が使いたい大人の空間

『M』で楽しめるのは、何もカクテルやシガ―だけではない。他のバーと一線を画す点は、艶やかな男女の社交場として計算しつくされたデザインと、居心地の良さだ。

国内外で有名ブランドを数多く手掛ける、某インテリアデザイン会社が開いたバーと聞けば、その完成度に納得せずにいられない。店内の装飾、しっとりしたけやきのバーカウンター、プライベート感のある2人掛けのシートに至るまで、細部にまでこだわり抜く。

「壁と天井に飾っているチーターの写真は、ケニアを旅行中に撮影したものなんです。2頭のチーターは、カップルに見えるでしょう? でも、恐らく兄弟じゃないかと思うんです。」と、バーを訪れた者の想像力を掻き立てる。



このバーに女性を連れて行って、彼女の期待を裏切ることは、まず無いと言っていい。代官山でまずは1杯、もしくはディナ―の後に「軽く1杯どう?」なオケージョンで、一度騙されたと思って行ってみて欲しい。

粋な遊び方を知っている大人の男女が、夜な夜なこのバーに通っていることを知れば、そんな大人を「シガレッツエムな」という新たな形容詞で表現したくなるかもしれない。



代官山 Bar 『LIQUOR and CIGARETTES M(リカーアンドシガレッツエム)』
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町9-3-B1F
http://liquorandcigarettesm.com/
営業時間:月曜〜土曜 19:00〜
     日曜・祝日 Close
電話番号:03-6455-1865
Facebook: https://www.facebook.com/daikanyama.bar.m/