先週は「年代別ひと夏の恋愛事情」を聞きました。20代はマッチングアプリ、30代はお食事会、40代はバーやレストランといった様々な回答が出揃いました。

今回は以前募集した「教えて下さい、あなたの出会い事情!」を元に、東カレ読者がどんなエリア(場所)で出会っているのかを発表して行きたいと思います!

はたして1位に輝くのはどこなのでしょうか?


有効回答数:299
男女比:男性19.7%(59人)、女性80.3%(240人)


10位:青山

10位に選ばれたのは青山。センスのいいアパレルショップやおしゃれなカフェが多く、ここへ足を運ぶ人達も見た目に気を使っている人ばかりでしょう。

センスのいい男女が多く集まる印象がありますが、「出会った場所はどこですか?」という問いに対して『カシータ』や『明治神宮野球場』を挙げている人がかなりいました。

カシータを含むAoビルは深夜まで営業している店舗が多く、出会いの場になりそうですが、まさか野球場にも出会いがあるとは。どこに出会いが解りませんね。


9位:麻布十番

9位は麻布十番。青山に続き、港区がランクインしました。

出会った場所は飲食店がほとんどでしたが、意外にも『スターバックス』の回答もちらほら。レストランはお食事会などでも使われるので、さほど珍しくはありませんが、スタバとは意外です。

で、紐解いてみると、スタバはマッチングアプリで知り合った人と会うため使われたそうです。いきなりどこかでディナーというよりは、コーヒーショップの方が気軽に会えるという理由でしょうか。

その後、意気投合ぷりに応じて、『右京』『あそこ』『さかなや 富ちゃん』『あべちゃん』『山忠』といった地元民からも愛されるお店で落ち着いてお話を、というコースなのでしょうか。

高級住宅地のため、上品な人が多く住んでおり治安も良い。初めて誰かと会うとなれば安心できるエリアなのかもしれません。


8位:西麻布

ここまですべて港区!やはり出会いの場は港区がテッパンなのでしょうか……?

夜遊びエリアとして知られているだけに、もっと上位を狙える気もしましたが、お食事会やミュージッククラブのあと、2軒目にも移動しやすく、土地柄か少し羽目をはずしてもいいような気分にさせてくれます。

交差点近くにあり、深夜まで営業している焼肉『十々』『游玄亭』やフレンチレストラン『HOUSE』、2件目に利用できる『ゴブリン』『Bar Gojyuni-Ban』などを使っている読者の方が多いようです。


7位は同率タイであのエリアだった!

7位:有楽町、丸の内(同率タイ)

東京カレンダーがグルメな街として、現在再注目している有楽町・丸の内が同率タイで7位に。以前募集した「東カレ読者がデートでよく使う街ランキング」では5位にランクインしていました。

パレスホテルやステーションホテルなどの高級ホテルもあるため、そういった場所へ足を運べば落ち着いた人たちが集まっているでしょう。

また、オフィス街が多いためどこかで出会うというよりも、社内恋愛の延長が多いのかもしれません。大手企業も多いのでこのエリアで知り合った人なら、安心感もありそうです。


5位:恵比寿

もっと上位を狙えそうな恵比寿がここで5位という結果に!「東カレ読者が好きな街ランキング」では堂々の1位だっただけに、意外な結果です。

また、恵比寿の中でも、出会った場所で一番多い回答は『恵比寿横丁』でした。ここ最近、出会いの場としてまた認知度を上げており、なんでも美人がよく足を運ぶことで知られているようです。

週末になれば通路側の席に座っているだけで、30人には声をかけられるとか!(はたして本当なのでしょうか……)


4位:六本木

これまで六本木は東カレ読者が好きな街ランキングでも10位圏外と、停滞が続いていただけに、大健闘。やはり出会いとなると、六本木ブランドはまだまだ健在のようです。

出会いの場所として一番多かった回答は『LEX TOKYO』『color』などのミュージッククラブ。確かに出会いを求めて……となると、クラブに行くのが手っ取り早いでしょう。『color』であれば近くには『1967』もあるので、そこに立ち寄ってから移動、という回答も散見されました。

また意外にも、『TUTAYA TOKYO ROPPONGI』は出会いの場になっており、レジで並んでいると近くで働いている外国人に名刺を渡される、なんてこともあるようです。さすが、ギラギラした六本木は他と違いますね!


気になる1位〜3位。はたして結果は!?

3位:渋谷

なんと、3位は渋谷という結果に!大人が集まるエリアというよりは若い子が多い印象にありますが、ここ最近の渋谷は奥渋谷など大人化も進んでおり、利便性や、なんやかんやでの集まりやすさを考えると使いやすいのかもしれません。

実際に出会いの場として挙げられたのは、神泉や奥渋谷、渋谷二丁目(しぶに)といった渋谷の中でも落ち着いたエリア。ファッション関係者や業界人などが集まるので、そういった人たちとの出会いをあわよくば……と考えているのかもしれません。

以前だったらランクインしない渋谷の順位が上がったのは、少しずつ大人も使えるエリアとして浸透してきているからでしょう。駅前の再開発が終わるころには、これまでとは随分違う印象になるかもしれません。


2位:新宿

東カレ読者には人気の高い新宿がランクイン!『ニュウマン』のオープンや『TOHOシネマ』のリニューアルにより、一昔前の「新宿はちょっと……」という印象から、回復傾向にあることが伺えます。

映画にデパート、新宿御苑などなんでも揃っていることから自然と足を運ぶ人達が多いのでしょう。中でも映画館は、同じ作品を見ていれば自然と会話も弾むため、おひとりさまの女性に声をかける人もいるとか。

共通の趣味というのは警戒心を解くことができるので、実は映画館はデートだけではなく、出会いのスポットとしても使えるんです!


1位:銀座

夜の王者、銀座が堂々の1位に。

ですが、実際にどこで出会っているのかというと『コリドー街』と答える人がほとんどでした。
もはや金曜日の夜のコリドー街のナンパ目当ての男女の様子は地獄絵図の様相を呈してきており、そもそも足を運ぶ理由が「出会いを求めて」という人が多いので、当然の結果なのかもしれません。

山手線新橋駅と有楽町駅を結ぶ高架下に連なる、赤い屋根が目印の飲食店街で、質のいいレストランが多いですが、その他にも、『スナッパー』『300BAR』『333』といった出会うためにあるようなスポットも多く存在します。

女性は必ずといっていいほど声をかけられ、男性は何人に断られなかったかという腕試しになるとも言われています。日によって訪れる客層も変わると言われているので、あえて平日のど真ん中に行けば、予期せぬ出会いがあるかもしれませんよ!


いかがでしたか?1位は割と予想ができたかもしれませんが、なかには以外なエリアのランクインもありました。好きな街ランキングと比べると、自分の好きな街で出会いを探すというよりは、出会いが必ずありそうな場所に東カレ読者は積極的に足を運んでいるようです。

少しずつ肌寒くなってきて、人恋しくなる季節。みなさんも出会いを求めて出かけてみてはいかがですか?