ワインバーオーナーは元レースクィーン!?
齋藤菜月/『BAR SAITO』オーナー

渋谷駅から東急本店通りをゆるゆると歩いて行くこと約10分。近頃「奥渋」として、大人の間で盛り上がっている神山町に到達する。

確かに東急本店裏から富ヶ谷へと向かう一方通行は、カジュアルで小洒落たワインバーやビストロが其処此処に立ち並び、一部ではワイン通りとも呼ばれているとか。


その神山町の中ほどに約1年前にオープンしたワインバー『BAR SAITO』。カウンターとテーブル合わせて20席ほどのこじんまりとした店内は、あたたかみのあるウッディな内装で落ち着いた雰囲気。今回逢いに行った齋藤菜月さんとは、ここで待ち合わせ。

齋藤つながりでなんとも偶然・・・・・・ではなく、まさにこの菜月さんがバーのオーナーなのだ!


「覚えやすいように名前にしちゃいました!齋藤ってよくある苗字だし(笑)」

人懐っこく、よく笑い、とにかく明るい菜月さん。ボディコンシャスな黒レースのミニワンピースに、深紅のネイルとパンプスを合わせたセクシーなコーディネートにドキッとする。

「ファッションにもなるべく大好きなワインレッドを取り入れるようにしてるんです。お店の天井もワインレッドなんですよ!」

タレントのマリエさんを彷彿とさせるハッキリとした顔立ちで、しかもグラマーなナイスバディ。聞けば、かつて5年間ほどレースクィーンの経験があり、TVでタレント活動もしていたとか。

「好奇心旺盛なのでいろいろやってきました。でもTVの仕事は人とのコミュニケーションがあまりなくてつまらなかった。人と1対1で話したかったから、実家の近くで大好きなワインが飲めるお店を始めたんです」


何を隠そう、ここ神山町は菜月さんの地元。じつは彼女、渋谷区松濤育ちのお嬢さんなのだ。でも、お高く止まらず、オープンマインドで屈託のないところに、逆に育ちの良さを感じる。

「食事に合わせて毎晩ワインを飲むような家庭で育ったので、とにかくワインが大好きなんです。いいワインも要望に応じてグラス単位で飲める店にしたのも、私が飲みたいから(笑)。

だいたいシュワシュワ〜白〜赤っていう流れで、基本ずっと飲んでますね。つぶれることもよくあります(笑)」


現在、彼氏がいるのか聞いてみると???

一気に高まった期待を抑えつつ、現在の恋人の有無を聞くと、「ナイショ♡」という100点満点なお答え。

「好きなタイプは、ショーン・コネリー!年配の方、好きなんです。仕事柄、最近めっきり若い人と出会わなくなっちゃって……。昔はやんちゃな自由人が好きだったけど、自分が今こうして忙しくなってから、自由人って要は自分勝手なだけじゃんって気づいて(笑)」


「理想のデートは、やっぱりおいしくワインが飲めればいいかな。ワインに詳しくなくても、お酒が飲めなくても、お互いの好きなことを尊重しあえる人が理想です♡私がこんな感じだから(笑)、自然体で気取ってない人が好き」

笑いながら、勝沼ワインクラブで作ったという、お店のオリジナル白ワインをグイッと飲み干す菜月さん。一緒にグラスを傾けられるので、彼女がカウンターの向こう側にいても、垣根を感じない。

「私自身が呑ん兵衛だから、大人でこなれてるけど敷居の高くないお店にしたかったんです。だからテーブル席でお客さんと一緒に飲むこともしょっちゅう 」

気さくで明るい菜月さんと飲んでいると、楽しくて必然的にワインも進む。なにより、ワインを口にするたびに「おいしい♡」と幸せそうな笑顔を見せるので、こちらもなんだかハッピーな気持ちになってくる。


そんな菜月さんイチオシのデートワインは、ハートのエチケットが女子のツボを突く『カロン・セギュール』。1000を超える銘柄を嗜んできた彼女のハートを酔わせるには、こんな美酒が必要なのかもしれない。


9月で1周年を迎えた『BAR SAITO』に行けば、いつでも菜月さんが笑顔で迎えてくれる。ただし、くれぐれも紳士なふるまいを。グラスは¥800からで、隣のビアラウンジから食事をケータリングすることもできるから、1軒目からも使えるお店だ。