大人の日常コーディネートで最も使えるのがジャケパンスタイル。仕事にも行けるし、レストランやバーだって行ける。けれど定番スタイルだからといって、アップデートしていないとおじさん的スタイルに陥ってしまう心配も。そんなジャケパンスタイルを今っぽく見せるコツお教えします。


きちんと見えるのに、着心地が楽で、肩の力が抜けているジャケパンスタイルこそ、目指すべき理想系だ。

ジャケット¥54,000〈ティージャケット〉、マフラー¥15,000〈ベグ&コー/すべてビームスF 新宿 TEL:03-5368-7305〉、カットソー¥13,000〈マイ ストーリー/アマン TEL:03-6805-0527〉、パンツ¥32,000〈ベルナルド ジュスティ/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター TEL:0120-137-007〉、時計¥45,000〈セイコー プロスペックス/セイコーウォッチ お客様相談室 TEL:0120-061-012〉、鞄¥26,000〈ザッツ/ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館 TEL:03-3479-8180〉


まずはジャケットをニットにするだけでこんなにこなれて見える!

ジャケパンスタイルを一気に今っぽく見せたいならジャケットをニットジャケットにするのがおすすめだ。カーディガンライクなものからガウンまで今季は秀作がズラリ!


ダブルもニットJKなら取り入れやすい

ジャケットとカーディガンが融合したジャーディガン的な一着。キャメル色は今年注目カラーな上に、ダブルな点も高ポイント。

¥45,000〈カモシタ ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館 TEL:03-3479-8180〉


ニットジャケットゆえ柄という選択も

アルパカとウールの混紡。見た目は普通のジャケットだが、ニットなので着心地はとっても楽。ニットJKなら柄物もカーディガン感覚で羽織れる。

¥88,000〈チルコロ 1901/トヨダトレーディング プレスルーム TEL:03-5350-5567〉


スラックスにもデニムにも似合う

今季注目のジャケット感覚で羽織れるガウン。丈が長めなので、アウター代わりにもなり、車で出かける小旅行なんかに持っていくとリッチな雰囲気が醸せそうだ。

¥53,000〈ドリュー アンド コー/ビームスF 新宿 TEL:03-5368-7305〉


休日使いのみならずビジネスにも

ラグジュアリーニットといえば、のクルチアーニのニットJKは、カーディガンのような着心地ながら、きちんとジャケット顔。ボルドーもお洒落。

¥131,000〈クルチアーニ/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター TEL:0120-137-007〉


海も山も都会にも似合う一着

ワッフル地が気持ちいいニットジャケット。リネン混のウールがさらっとした質感ゆえ3シーズン使えそう。グレートーンでコーディネートして、リッチでリラックスな雰囲気に。

¥50,000〈ソリード/タトラス ジャパン TEL:03-5708-5188〉


パンツを変えるだけで、ジャケパンスタイルが見違える!

【BOTTOMS】パンツはタック入りで新美脚シルエット

かつての細パンブームも落ち着きを見せ時代はゆったりシルエットへ。まずはタック入りのパンツで大人でリラックスなスタイルに。


パンツ¥43,000〈PT01 ゴースト・プロジェクト/PT JAPAN TEL:03-5485-0058)、ジャケット¥46,000〈パニカーレ/トヨダトレーディング プレスルーム TEL:03-5350-5567)、ニット¥45,000〈ザノーネ/スローウエアジャパン TEL:03-5467-5358〉、靴¥55,000〈ソロヴィエール〉、鞄¥70,000〈フランク クレッグ/ともにユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館 TEL:03-3479-8180〉


元祖美脚パンツも今や1タック入り

わたりが広めで、膝下のテーパードが美しいゴーストプロジェクトの一本は、ちょい短めで履くとスタイル良く、脚長に見える。


パンツ¥29,000〈ベルウィッチ/アスティーレ ハウス TEL:03-3406-7007〉、ジャケット¥199,000〈ベルヴェスト/八木通商 TEL:03-6809-2183〉、ニット¥25,000〈アルテア/アマン TEL:03-6805-0527〉、靴¥14,490〈アディダス オリジナルス/アディダスグループお客様窓口 TEL:0570-033-033〉


おじさん臭くならないグレースラックス

グレー単色ではなくメランジになっていて、股上も浅めなので今っぽく見える。ストレッチなのでとっても楽チン。


パンツ¥25,000〈ジャブス アルキヴィオ/エフイーエヌ TEL:03-3498-1642〉、ジャケット¥59,500〈ドリュー アンド コー〉、ニット¥23,000〈スカリオーネ/ともにトレメッツォ TEL:03-5464-1158)、シャツ¥18,000〈ビームスF/ビームスF 新宿 TEL:03-5368-7305〉、時計¥8,300〈タイメックス/DKSHジャパン TEL:03-5441-4515〉、靴¥65,000〈パラブーツ/パラブーツ青山店 TEL:03-5766-6688〉


タイドアップでもリラックス

地厚コットンが今の気分に最適な一本。黒パンもブームの予感なので早めにゲットが正解。


パンツ¥19,000〈マッキントッシュ ロンドン/SANYO SHOKAI C.R. 室 TEL:0120-340-460〉、ジャケット¥55,000〈ソリード/タトラス ジャパン TEL:03-5708-5188〉、ニット¥22,000〈グランサッソ/エスディーアイ TEL:03-6721-1070〉、ベルト¥12,000〈ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館 TEL:03-3479-8180〉、鞄¥200,000〈フォンタナ ミラノ 1915/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター TEL:0120-137-007〉


最後はダメ押しの最新インナー指南!

インナーはモックネックかバンドカラー、で表情は見違える!

今年の夏は白Tが大ブームでしたが、今秋のジャケパンスタイルのインナーは、ちょい詰まり気味の首元がおすすめ。モックネックのカットソーかバンドカラーでVゾーンを刷新しましょう。


ーMOCK NECKー

キャンバーのヘビーオンスのモックネックは、この秋一枚あると絶対便利。

カットソー¥6,500〈キャンバー/ハイ!スタンダード TEL:03-3464-2109〉、ジャケット¥130,000〈フォルテラ/ビームスF 新宿 TEL:03-5368-7305〉、時計¥700,000〈ブライトリング/ブライトリング・ジャパン TEL:03-3436-0011〉


シックなモックネックならニットがオススメ

ハイゲージニットのモックネック。丈も長めで生地感も薄く、カラバリも豊富なので買っておいて間違いなし。ハイネックのニットより若々しい印象に。

¥32,000〈ジョン スメドレー/リーミルズ エージェンシー TEL:03-3473-7007〉


Vゾーンに絶妙なコントラストを

ナチュラルコットン100%のカットソーは、グレーのメランジ具合ととろけるような肌触りでカジュアルにもドレスにも使える一枚。胸ポケットもポイントに。ニットジャケットと相性抜群。

¥11,000〈フィルメランジェ TEL:03-6447-1107〉


カジュアルすぎないリッチなサーマル

ネイビーのサーマルタイプのモックネック。柔らかな質感かつストレッチも効いているので、着心地がとっても気持ちいい。もちろん保温性も言わずもがな。

¥20,000〈スリードッツ/スリードッツ青山店 TEL:03-6805-1704〉


ーBAND COLLAR SHIRTー

キザな感じより知的な感じを漂わせて

ニットジャケットはタイドアップしてももちろんお洒落にキマるが、カジュアルダウンしたいなら、バンドカラーがオススメ。キザっぽい雰囲気が消え、知的で今時なスタイルに。ボタンを1つ開けても格好良い。

シャツ¥18,500〈チット ラグジュアリー/トレメッツォ TEL:03-5464-1158〉、ジャケット¥84,000〈モンテドーロ/スローウエアジャパン TEL:03-5467-5358〉


ジャケパンをリラックスに見せるシャツ

フィレンツェのカジュアルシャツブランド、ベヴィラクアからはプルオーバータイプがお目見え。ステッチによるブラウンストライプがシックでジャケットスタイルによく合う。

¥25,000〈ベヴィラクア/トレメッツォ TEL:03-5464-1158〉


冬のコーディネートの差し色に

柔らかな質感のリネン混シャンブレーシャツ。襟元のほつれや生地感は同ブランドならではの凝った仕様。一枚でもいける主役級シャツだ。

¥27,000〈サルヴァトーレ ピッコロ/ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館 TEL:03-3479-8180〉


白シャツもバンドカラーだと新鮮

ハリ感がある白シャツは、比翼仕立てや背中の切り替え、短めのカフなど細部までこだわった作りに。黒ボタンと胸のワンポイントが効いてます。

¥29,000〈ストーンアイランド/トヨダトレーディング プレスルーム TEL:03-5350-5567〉