夏の日差しも和らぎ、秋の季節が深まりつつある今日この頃。

「忙しい人ほど、遊んでる。」を体現する東京カレンダー読者の皆さんは、休日の過ごし方にもう少しバリエーションが欲しい! と感じている頃なのでは……?

これから本格的に秋のシーズンを迎える中、いつもとは違った休日の楽しみ方をご紹介。今までにボルダリングデート、Blue Note Jazz Festival in Japanでのライブデートを覗いた。

雨日が続く今日この頃……新感覚バイクエクササイズでスカッとした休日を過ごしてみるのはいかがだろう。



朝目覚めると、頭が痛い。胃もムカムカする……。土曜の夜、仲間と合流し、麻布十番にある『ELLE TOKYO』に遊びに行ったんだった……

二日酔いで何もやる気がせず、ベッドの上でぐったりとしていた。リビングではどうやら彼女のエミが出掛ける準備を始めている。

「ねえ、行かないの?」とベッドの中に潜り込み、横から自分の顔を覗く。

―具合悪い。

「ただの二日酔いでしょ? ほらっさっさと準備して! やっと予約取ったんだよ。また来週末まで待つのはやだ」

―え…なんか予定してたっけ?

エミはふくれっ面でばしっと自分の胸を叩き、むせる。「FEELCYCLE(フィールサイクル)だよっ!」

あぁ…そう言えば先週、そんなことを言われたような気もする。

重たい身体と心を引きずるようにベッドを出ると、エミと六本木にある『FEELCYCLE Roppongi』へと向かった。



「こんにちは!」と元気溌剌な笑顔で迎えてくれたのは、インストラクターのYouさん。名前を伝えると、「今日はトライアルでお越しいただいていますね?」と更衣室でレッスンウェアに着替えるように言われた。

FEELCYCLEの旗艦店とだけあって、六本木店の中はブラックに統一されたインテリアは非日常的で、暗がりの中にはシャンデリアの光が輝いている。

「ニューヨークのクラブみたいだね。」と、エミはいつも通っているジムとは違った空間に圧倒されているようだ。

着替えを終えてロビーに戻ると、バイクエクササイズで履くスニーカーのような特製の靴を手渡された。


新感覚バイクエクササイズ。45分間でエミも汗だくに!


中に入ると、そこにはNYの街を一望するかのような風景が広がり、その前には何十台というバイクがずらりと並んでいる。エミと一緒に予約していた番号のバイクへ移動した。

シューズをカチッとバイクのペダルに固定させたら、準備完了。

インストラクターのYouさんは、ステージの上であらゆるポジションの説明をしている。バイクのハンドルの上で腕立て伏せをしたり、立ち漕ぎから腰を後ろに引いたり、立ち漕ぎをしながら身体を横に揺らしたり……

横に座るエミが、「体調良くなった?」と、二日酔いの自分を気にかけてきた。……いやいや、今更遅いよ。これから45分間のエクササイズをやり遂げられるか一抹の不安はあったが、まあ大丈夫だろうと言い聞かせた。

インストラクターのYouさんが、「それでは始めていきましょう。」とスタジオのドアを閉め、プログラムスタート。



この日受けるプログラムは「BB1」という初心者向け全身燃焼プログラムで、UKやUSの最新のヒットミュージックに合わせてペダルを漕いで漕いで、漕ぎまくる!のだとか。

「リズムに合わせて〜、One 、Two、One、Two……」

音楽に合わせながらペダルを漕いでいき、照明は明るくしたまま、まず最初の3曲でウォームアップ。4曲目以降の本番でやってみるポジションを一通り曲に合わせてやっていく。その間もペダルの負荷を少しづづ下げたり、上げたり……

「One, Two, Three, Four! One, Two, Three, Four!」のカウントと一緒に、立ち漕ぎをしたり、腕立てをしたり……これが意外と筋肉に効いてくる。

曲の終わりにエミを見ると、既に首元には大量の汗が。自分もTシャツに湿りを感じてきた……


あっという間に3曲が終了すると、今度はスタジオの照明を落として本番パートへ。昨夜、麻布十番のクラブであれだけクラブミュージックを聞いていたのに、こんなに爽快な楽しみ方もあるのか、と段々と二日酔いの気持ち悪さも忘れてきた。


”Are you ready?!”の掛け声に、テンションは最高潮!


メインパートでは、さらに曲もアップビートなテンポになり、ペダルの負荷も、テンションも、汗の量もさらに加速!

途中、1kgほどの小さなダンベルを持って腕の運動も。ペダルをマックスで漕ぎながら上半身運動も、となるとかなりの運動量だ。下を向くと汗が滴り落ちているのがわかった。エミも水分補給を取りながら、タオルで汗を頻繁に拭いている様子。

クラブでよく聞くような知っている音楽が大音量で流れてくると、スタジオの照明も赤や白、緑など瞬間的に変わり、まさにクラブにいるよう。ジムで1人でイヤホンをつけて集中するのもいいが、スタジオ中に響く音楽を聞きながらエクササイズをするのは気持ちがいい。



音楽が佳境を迎えると、インストラクターの掛け声と共に、スタジオ内のバイブは最高潮に!

「ARE YOU READY〜〜〜!?」



「YEAAAHHHH!!!」

スタジオ中がパリピと化す瞬間に、自分は少し気恥ずかしくてエミと顔を見合わせたが、近くにいた男性が大声で「いぇええあああ!」と叫ぶのに圧倒され、自分も負けじと叫んだ。

45分間という時間がほんの20分くらいにしか感じられない程、あっという間にプログラムは終了。

午前中は二日酔いで何もやる気がしなかったのに、こんな短時間で汗をかける有酸素運動ってすごいな…と楽しんでいる自分に気が付いた。

シューズをペダルから外すのに少し手こずったが、先に自分が降りてエミがバイクから降りるのを手伝ってあげた。2人とも汗でタオルもウエアもびしょびしょに。

スタジオを離れる前、最後に上半身と足がつるかと思うくらい動かした足もしっかりストレッチ。



呼吸を整えようと、ロビーのソファに座ってエミと少し休憩を取ることに。

「Are you ready? のところですっごくテンション上がっちゃった! 本当にクラブに行ってるみたいな感覚だね。アルコールがなくてより健康的な(笑)」とスカッとした表情でエミはすっかりFEELCYCLEを楽しんだ様子。

シャワーを浴び、支度を終えて更衣室を出ると、エミはスタッフさんから既に入会の話を聞いていた。彼女はかなり乗り気な様子。

「六本木ヒルズやこの周辺で働いているお客様は、朝ひと汗かいてから、スーツをびしっと着て出社される男性も多いんですよ」

エミに「一緒に入会する?」と誘われたが、いつも通っているジムがあるので、また機会があればと見送ったが、彼女は入会を決めたようだ。



六本木店を出ると、時刻は18:30。

お腹も空いていたが、洋食の気分ではなかったので、鶏煮込みそばが美味しい六本木交差点近くの『香妃園 (コウヒエン) 』へ。

―エミ、レゲエとフラダンスもやってるのに、本当にFEELCYCLEまで通えるのか?

鶏白湯スープをすすりながら、「予約はいつもいっぱいになってるけど、直前でキャンセルするお客さんもいるみたい。自分のタイミングに合わせて通いやすそうだし、まずはやってみようかなと思って」

食事を終えてお店を出て空を見上げると、また小雨が降り始めていた。今週は台風が来てるとかニュースで言ってたな……

二日酔いから始まった日曜日の朝。
45分間の新感覚バイクエクササイズでリフレッシュしたその夜には、また新たな1週間を迎える準備が出来ていた。



【撮影協力】
FEELCYCLE Roppongi
東京都港区六本木6-4-1
六本木ヒルズ ハリウッドプラザ 3F
Tel.0570-055-319
(カスタマーサービス 平日のみ 10:00-17:00)

【撮影】
中野理
http://nakanosatoru.com/

【出演モデル】
EMILIA(エミリア)
EMILIAさんのインスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/emilia_0826