慶應義塾大学内には、他大学からは決して窺い知れない“格差”がある。それは、大学入学に至るまで、どのような経路を辿ってきたかという格差だ。

比率的には、大学受験を経て入学した「外部生」が圧倒的に多いが、貴族的な小学校といわれる「幼稚舎」から、中学は男子校の「普通部」と共学の「中等部」、「SFC」がある。

高校は男子校である「慶應義塾高」、埼玉にある「志木高」、女子校である「慶應義塾女子」、共学である「SFC」、そして「NY高」と高校の内部生は5つに出自が分かれる。

十把一絡げに慶應とは言い切れないもやもやを慶應生は大学時代から抱え、社会へ旅立っていく。そんな“慶應内格差”をお届けしよう。



慶應義塾女子校出身・外銀トップセールスの沙羅から見た外部生


夏も終わりかけ、少し肌寒くなってきた9月。沙羅は親友の早希子と栞と軽井沢へ出かけた。早希子の別荘があり、気軽に週末を過ごしに行く場所となっている。

3人が出会ったのは慶應義塾女子高校。大学のキャンパスと同じ三田にあるのだが、知らない人も多い。慶應義塾大学附属の女子高だ。慶應で「女子高」といえば、この高校。

早希子は幼稚舎出身、お父様は誰もが知る大企業の社長というお嬢様。家は松濤にある。

栞は中等部出身、可愛いルックスと、裏腹な芯の強さで、キー局のアナウンサー試験をパスした。

そして沙羅は、高校受験最難関といわれる女子高から入った。その優秀さを見込まれ、外銀に入社。すぐさまトップセールスに。

いわゆる「慶應内部生」の3人。昔から3人で行動し、10年来の親友。知性・家柄・ルックス、3人はそれぞれにないものを持ち、27歳という花盛りを謳歌。社会人になってからは活動拠点を六本木に移し、3S(トリプルエス:サキコ、シオリ、サラの頭文字を取ったもの)という名で、巷では少し有名な3人組となっていた。

軽井沢のレストランにも精通してきた3人が今回選んだのは『ピレネー』。釜で焼くステーキが売りのお店でランチには地元の新鮮な野菜をふんだんに使った前菜ビュッフェが付いてくる。写真栄えする色とりどりの前菜を前に沙羅はいつものようにインスタグラムに写真を投稿。

すると反応があったのは、意外にも大学3年生の時に沙羅が好意を持っていたあの彼からだった。

ー俺も来週軽井沢行くんだよね。いろいろ教えて!ー

長身でスタイルはいいけど、お人好しで顔は決してカッコ良くない。埼玉の県立高校から慶應の経済学部に入学。『外部生』原田くんの、その控えめな真面目さに沙羅は惹かれていた。

沙羅はこれまでホテル会社の御曹司や体育会ホッケー部キャプテンなど、学内でも有名な内部の男の子ばかりと遊んでいた。ただ、原田くんはそんな彼らとは違う、良くも悪くも普通の男の子だった。


5年ぶりの再会に心踊る沙羅...平凡だった彼は今?

就活中、沙羅と原田くんは同じ外銀でインターンをしていたことをきっかけに仲良くなった。2人で一緒に働けたらいいな、なんて想像も膨らませていた。

しかし、いざ面接が始まると、彼は結局1つも外銀からの内定を獲得できず、メガバンクへ。世間から見たらエリート街道。しかし、外銀に無事就職した沙羅からするとなんとなく気まずい相手に。気付いたら自然と会うこともなくなっていった。

ー原田くん元気かな。ー

少し会ってみたい気分になり、返信はコメントではなくLINEでしてみた。

ー久しぶり!ピレネーっていうお店おすすめだよー!原田くんもきっと気に入ると思う☺️ー

このLINEをきっかけに、やり取りが続き、久しぶりにご飯でもしようかと5年ぶりに会うことになった。



原田「初めて海外出張に行ったんだ!」沙羅「...」


彼が選んだお店は白金高輪の『タランテッラ ダ ルイジ』。たまに上司も連れて行く、お気に入りのイタリアンとのこと。沙羅は行ったことのない店に心躍った。

当日、待ち合わせの5分前に連絡すると、すぐに駅に迎えに来てくれた。

「お店の場所少し分かりにくいんだよね〜」

そう言いながら、スマホを頼りにお店を探す彼。

「もう少し行き慣れてるところにすればいいのに」

不器用さは学生時代から変わってないなと思いながらも、変わらない彼が可愛く思えた。

会話は主にお互いの近況報告に。

「仕事は帰り遅いけど、ようやく後輩もできて余裕ができた感じかな。今週初めての海外出張でシンガポール行ったんだよ。観光もできたし、クライアントと食べた中華も美味しくて最高だった。」

目をキラキラさせ楽しそうに話す彼。

シンガポールには沙羅の会社のアジア拠点があるため年に4回以上は出張する。ちょうど夏に行ってきたところだった。

「シンガポール、わたしも大好きなの!チャーターボックスっていうお店のチキンライスが美味しいんだよね!今回マンダリンに泊まったなら食べたんじゃない?」

「ふ〜ん、そうなんだ。ご飯は全て上司に任せてたから、全然知らないんだよね。」


メガバン原田くんに感じた違和感とは...

海外旅行やレストランの話は、内部生の仲間となら必ず盛り上がる鉄板ネタ。ネットで評判の人気店だけでなく、旅行好きの友人や赴任している現地の友人たちにオススメも聞いてお店を選ぶのが沙羅にとっては当たり前だった。

いつもの友達に話すそんなつもりで沙羅は話題を振ったが、彼は興味が無さそうだった

一方、大学時代から沙羅のことが気になっていた原田は、なんとか次につなげたいと言う一心で、少ない引き出しからレストランの話を引っ張り出していた。

「『レストラン エール』って知ってる?去年オープンしたお店で俺ずっとここ気になってるんだけど、フレンチだから行きづらくて。よかったら今度行かない?」

...去年遊んでいた会社の先輩と行ったお店だ...。しかし、笑顔で返事をした。

「へ〜知らなかった!うん!行ってみたい!」

噛み合わない会話を切り上げたくて、とにかく彼に同調してやり過ごし、22時まで粘って、結局自分から帰りを切り出した。

家に着くと、早速原田くんからLINEが。

ー沙羅ちゃん、今日はありがとう!久々に会えて本当に楽しかった。今度は『レストランエール』に行こう。ー

ー今日はありがとう!また今度ね!ー

スタンプを1つ付けて沙羅はそう送った。



原田「確かな感触を得た」栞「仕方ないよ、だって彼外部生でしょ?」




原田は家に着くと、3年目のボーナスで購入したお気に入りのロレックスの時計を外し、沙羅との食事を思い返していた。

卒業以来久しぶりに会った彼女は、相変わらずの才色兼備。切れ味ある知性を感じる会話とは対照的に、美味しそうにマルゲリータを食べる彼女の親しみやすさに心惹かれた。

彼女と会う前は正直不安だった。お店のチョイスも任せてくれたが、食通の彼女の期待に応えられるのか、バリバリと働く彼女は違う世界へと行ってしまったのではないかと。

だが、原田は今確かな感触を得ていた。自分の選んだ店で美味しそうに食べる彼女、そして次のデートの約束までこぎつけた。沙羅がもし恋人になれば社内でも鼻高々の自慢の彼女になるだろう。妄想は膨らみ、原田はワクワクしていた。



沙羅は3Sのグループラインを開き、原田くんとの再会を報告。

ー原田くんはやっぱり原田くんだったよー

すると、栞から返事が。

ー仕方ないよ、だって彼外部生でしょ?ー

外銀ほど稼ぎはないけど、安定した生活が保証された彼。お金もほとんど使わず貯金。待ち合わせには早く来てくれる几帳面な人だし、女の子を大切にする人。まさに結婚相手にはうってつけ。

気づけばいつも好きになるのは六本木で華やかな日々を送っている内部生の仲間ばかり。原田くんとの再会は、沙羅なりにそういう生活から抜け出し、外の世界を見ようとした第一歩だった。

しかし、レストラン選びや何気ない会話、大切にされていると分かっていてもワクワクできず。沙羅にとって、皮肉にも外部生・原田くんの存在は、自分とは違う、合わないんだという想いをただただ強めただけであった。


次週10月18日火曜更新
周りからチヤホヤされるアナウンサー栞、彼女が欲しくてたまらないものとは...?