プチっと弾けると同時にあふれ出す濃厚な旨味エキスがたまらない、海の宝石「いくら」。旬の今こそ、たっぷりと味わいたいものだ。

最近は、いくらが丼からあふれんばかりに盛られる「こぼれいくら」が味わえる店も増えてきた。そんな贅沢で豪快ないくら丼を楽しむことができるおすすめの3店をご紹介しよう。


コスパ抜群!リーズナブルな新鮮魚介と一緒に楽しめる『ととしぐれ渋谷店』の「大粒いくらのこぼれ飯」

まず1店目に紹介するのが渋谷に構える『ととしぐれ渋谷店』の「大粒いくらのこぼれ飯」だ。

同店のいくら丼の特徴はなんと言ってもその量。目の前で店員が岩手県三陸産の大粒いくらを白米の上に豪快に盛り付けてくれるのだが、メニュー名通りいくらがこぼれる様子は思わず声が出てしまうほどのインパクトである。

そんないくらをひと口いただけばプチプチッと弾けると同時にいくらエキスが口の中で広がり、たまらない味わいに思わず笑顔になってしまうこと必至だ。無料サービスの魚のあらが大量に入った「漁師汁」と一緒に楽しめばそのおいしさも倍増!


また、同店でもう一品オススメなのが「刺身大漁盛りハーフ」である。
まぐろ、たこ、かつおのたたき、かんぱち、あじ、たい、サーモン、うにの8種類の刺身が盛られて、税抜500円という驚きの価格。毎朝築地の新鮮素材を取り寄せていると言うだけあり、味の方ももちろん抜群だ。

さらに、鍋島、獺祭、くどき上手、新政6など魚介系との相性ばっちりの日本酒が充実しているのも嬉しい。

そんな同店は古い民家風の造りとなっており、店内の雰囲気はどことなく親しみやすい居心地の良い空間となっている。リーズナブルに新鮮魚介と日本酒とのマリアージュを楽しみたいのなら、ここ『ととしぐれ渋谷店』は外せない一店である。


盛り上がること間違いなし!よいしょー!よいしょー!の掛け声とともに盛られる『原始炭焼 いろり家 東銀座店』の「名物 船上めし」

続いては、威勢のいい掛け声に誘われる「名物 船上めし」だ。

同メニューを注文すると、登場するのは丼めしと銀のボウルにたっぷりと入った北海道産いくら。そのいくらを目の前で「よいしょー!よいしょー!」と店員の掛け声とともに丼めしに次から次へと盛り付けてくれるのだ。

店員と一緒に声を出しながら、これでもか!っと盛られていくいくらは見ていて盛り上がること間違いなし。エンタメ性抜群のサービスである。


そんなテンションマックスの状態でいただくいくらはおいしさもマックス!いくら本来の甘味と旨味に日本酒ベースのダシが加わることで、まさに絶妙な味付けとなっている。

また、ある程度いただいたところで温かいかつおだしと薬味を加えれば、「いくらのだし茶漬け」として一味違った味わいが楽しめるのも嬉しい。いくらのエキスとかつおだしのマリアージュはまさに至福のひととき。

味よし!見た目よし!エンタメ性よし!の三拍子そろったいくら丼がここではいただけるのだ。


北海道グルメを丸ごと味わいたいときにはこちら!

北海道が丸々楽しめる『北海道知床漁場 池袋店』の「のれそれ!!なんっまらこぼれいくら丼」

最後は、池袋に構える『北海道知床漁場 池袋店』をご紹介しよう。

「お店丸ごとが北海道」をコンセプトにしているだけあって、同店で取り扱うほとんどの食材が北海道産。そんな北海道食材を使ったメニューの中でも一番人気なのが「のれそれ!!なんっまらこぼれいくら丼」である。北海道の方言で「めいいっぱい!物凄くこぼれたいくら丼」という意味なだけあり、こぼれんばかりにのる北海道産いくらは十分納得いく量だ。

弾力のある大粒いくらは噛みごたえがあり、ぷっつ〜ん!と弾ける食感が実に心地よい。と、同時にあふれ出るいくらエキスも濃厚だ。


またこのいくら丼にも負けず劣らずのメニューが「北海道厚岸産生牡蠣」である。価格はなんと1個180円(税抜)という破格の値段設定。お一人様3個までという制限はあるもののぜひとも食したい一品である。

さらに、北海道ならではのお酒を取り扱っているのも同店だからこそ。「北海道産じゃがいも焼酎」と「こんぶ焼酎」は食材と同じく北海道産ということもあって相性抜群なのは言うまでもない。飲みすぎには注意が必要だ。