生うにと国産和牛の炭火焼きの丼ぶり!こんなに罰当たりな組み合わせが味わえるのは、話題の名店『いいと麻布十番』。

うにと和牛の「TKGC」にはじまり、「トリュフお稲荷」に「ちょこすし」など料理名だけでも興味をそそられるメニューばかり。

そんな『いいと 麻布十番』の魅力とともに絶品3品の美味しさをお伝えしよう。


「TKGC」と名付けられた料理の正体とは?!

『食幹』や『小野木』を手掛けるディスカバリーによる新業態として誕生した『いいと麻布十番』には、行ったら絶対食べるべき3品がある。

メニューに目を通すと「TKGC」という文字が目に入るだろう。これは「卵(T)かけ(K)牛(G)ちらし(C)」の略である。卵と牛肉なら間違いなく美味しい!と迷うことなく注文したなら、しばらくして現れた丼に驚くはずだ。

なぜなら、牛の上にのった卵は、卵は卵でも魚卵の王様「うに」だからだ! たしかに「たまごかけ」である。


牛肉とうにを引き立てる脇役たちに技あり

「お寿司だけでは満足できない、最後にガッツリとしたメニューがあるといい」というお客様からの意見により誕生した「TKGC」。

国産和牛を炭火でレアに焼き上げ、いいと特製醤油をかけ、うにをのせて完成。

この牛肉にかけられるいいと特製醤油がいい仕事をしている。少し甘く、うにの味も牛肉の味も、最大限に活かされている。


これでもかとのるトリュフが贅沢すぎる!

続いて紹介するのは「トリュフお稲荷さん」。普通のお稲荷さんでは、お客様に満足いただけないだろうという想いから、試行錯誤の末に誕生した料理だけあって、その味はお稲荷さんと呼ぶにはもったいないほどの贅沢さ。

テーブルに運ばれてきてから削られるトリュフは、食べる直前に辺りを幸福なトリュフの香りが包んでくれるという特典付き。


大きめの稲荷とともにたっぷりとのった、トリュフを口に運ぶと、香りだけでなくしっかりとトリュフの味も追ってくる。それは、シャリにトリュフオイルを混ぜてあるためだ。

またトリュフオイルの濃厚さを緩和するために、ガリも混ぜているという。


魚卵のいとこが仲良くひとつに!

絶品3品のラストは「ちょこずし/いとこ」。北海道産のうにと、いくらは、どちらも魚卵。人でいうといとこのような関係という発想からこのネーミングになったという。

本格寿司をカジュアルに味わえる店としてオープンした『いいと 麻布十番』。料理長自ら築地や産地から仕入れる鮮魚は、間違いなく美味しい品ばかり。またシャリにも米や酢にこだわりが光る。赤酢などをブレンドした寿司酢の配合を決め、その寿司酢に合うように調整されたオリジナルブレンド米を使用しているという。もちろん今まで紹介した3品全ての美味しさのベースはこのこだわりのシャリが支えているのだ!


絶品寿司と和食。美味しいものをちょっとだけたしなむにはぴったりの店だ

握りは産地から直送のネタばかり!

メニューを見ると「にぎり」の欄には全て産地が記載されている。『いいと 麻布十番』では、天然の本鮪や宇和島から直送する魚など鮨種にもこだわっているのだ。仕入れ状況により品揃えも違うので、訪れる度に新たな「にぎり」に出会えるだろう。

また、海外のお客様も多いことから海外の人にも受け入れられやすいメニューも豊富にラインナップ。海外から友人が遊びに来たときなど、招待するのにもおすすめの店である。


お寿司の合間に楽しみたい絶品煮物

利尻昆布、鮪節、焼きいりこを合わせた出汁で煮込まれた「ふくませ煮」は、お寿司の箸休めにするにはもったいないほど絶品。

具材によって、少しずつ煮込み時間を変えながら大鍋で煮込み、注文が入ってから小鍋に移され、追い込まれる品々は、どれもちょうどいい煮込み具合。出汁もしっかりとしみ込み、噛むほどに出汁の味が口に広がっていく。


あの夢をここで叶えるのが『いいと 麻布十番』

麻布十番商店街のメイン通りから少し入った場所の地下に広がる空間は、壁一面に設置された冷蔵庫が印象的な昔の飲み屋を彷彿させる雰囲気。

厨房を挟むように2列のカウンター席が連なり、スタッフとの距離の近さもありがたい。


「話題の鮨屋に行くと、2〜3万円かかってしまう。もっと気軽に、本格的な鮨をつまめる店があったらいいのに」という願いを叶えてくれるのが『いいと 麻布十番』だろう。