人魚と言えば美しい女性の上半身と魚の下半身を持っているものだ。人魚のミイラなど、美しい女性にはとても見えないものもあるが、人間の上半身をしているものと相場が決まっている。しかし、ある写真の人魚はそれが逆転−−−上半身が魚、下半身が人間となっているのだ。

 この人魚は通称「フロリダの人魚」と呼ばれており、海岸に漂着した謎の生物の姿を捉えたもの、となっている。場所も年代も不明だが、やはり米国フロリダ半島で発見されたものなのだろうか?

 しかし、人魚も確かに自然界に存在できるかといえば難しいところだが、海生哺乳類などの存在を考えるといてもおかしくないものではある。しかし、これが逆になってしまうと、海中に適応できるかはなはだ疑問だ。果たして、このような生物が発見された事例は本当にあるのだろうか?

 だが、この写真には元ネタがある。ベルギーのシュールレアリスムの画家ルネ・マグリットが1934年に発表した油彩作品「共同発明」だ。彼は言葉や単語の抱かせるイメージや先入観を裏切る「デペイズマン」という手法の作品を多く世に出しており、この作品もその一つなのだ。この作品はあまりにインパクトが強かったためか、模倣作も登場した。この逆転人魚の写真もその一つだったのだろう。

 また、フロリダの海にすむマナティはかつて人魚と呼ばれていたこともある。これらを組み合わせて生み出されたのが「フロリダの人魚」なのだろう。

(提供=ミステリーニュースステーションATLAS