元「モーニング娘。」でタレントの加護亜依(28)が23日、都内で「加護亜依ライブ 秋だよ!ファン全員集合!」を開催した。

 先月8日に39歳の会社経営者との再婚を発表後、初めてファンの前に登場した加護はライブ途中で「実は妊娠しております」と報告。「(子供)2人目です。隠しきれないほどおなかがぽっこりしてます。踊ったりしたいんですけど、しばらくは妊婦でお仕事を続けていきます」と明かした。

 ファンから「おめでとう〜!」と祝福されると、「ありがとうございます。妊婦の加護も見ていただければと思います」と話し、「5キロぐらい太っちゃって…腰が痛い」とうれしそうに笑った。

 この日は1曲目を歌い終わった後に「私事ですが、結婚しました。いえい!」とピースサイン。「みなさんに『おめでとう』と言われることが、こんなにも幸せなんだとしみじみ感じております」と喜びをかみしめた。

 質問コーナーでは、子育ての話題を振られ「娘に好かれようとして、だんなさんから『いやいや、オレの方が(娘を)好きだから』って言われて…何かネタみたいになっていますね」と夫婦円満のエピソードも披露。左手の薬指にはめられた指輪を光らせ、モー娘時代にセンターを務めた「I WISH」を歌唱した際には、目に涙を浮かべた。

 ライブ後の囲み取材では、第2子について「(出産は)来年の春ころの予定です。男か女かは分かりませんけど、女の子なら姉妹だし、男の子なら『ちっちゃい彼氏』になるとも言うし、とても楽しみですね」と喜びいっぱいだった。

 また、入籍が先月2日だったことを明かし、「ハニーの日(8月2日)です」とニッコリ。「できちゃった結婚ではないです。妊娠は先月末に分かって、『どうしよう〜』と思いました。だんなさんも喜んでいました。のんちゃん(元モー娘の辻希美)に真っ先に伝えて『おめでとう!』と(言われた)」と幸せそうに語った。

 最近は元モー娘メンバーたちとの交流はないそうで、加護は「子供を一緒に遊ばせたり、みんなに会わせたいなと思います」と夢を膨らませた。

 加護は2000年、12歳でモー娘メンバーとして芸能界デビュー。06年に喫煙が発覚し、翌年に事務所を解雇された。11年に会社役員と結婚したが、夫が14年7月に出資法違反容疑で逮捕(不起訴)され、その翌年に離婚した。