京都市の賀茂別雷神社(上賀茂神社)で女優・藤原紀香(45)と23日に挙式した歌舞伎俳優・片岡愛之助(44)が同日、ブログを更新。京都で式を挙げた理由をつづった。

 親族のみで行う予定の挙式が事前に報道され、多くのマスコミが集まったことに驚いたという愛之助。だが「沿道の皆様方の御祝いのお声が嬉しかったです 何度も何度も、おめでとうとお声がけくださいました皆様、本当にありがとうございました!!!!!!」と祝福してくれたファンに感謝の気持ちを伝えた。

 続けて「僕が京都でどうしても式を挙げたかった理由は愛之助の前名、千代丸の名を披露させて頂いたのが京都の南座なのです、つまり、歌舞伎俳優として産声を上げたのは京都なのです!!!!!!」と京都への特別な思い入れを告白した。

 最後に「さて、今月末には、日頃お世話になっている方々に妻を紹介し感謝の気持ちでおもてなしをする、披露の儀を執り行う予定です」と披露宴の予告をした愛之助は「明日からも日々精進します」と決意表明し、ブログを締めくくった。