12日に放送された俳優・三浦友和(64)主演のテレビ朝日系連続ドラマ「就活家族〜きっと、うまくいく〜」(午後10時)の初回平均視聴率が11・0%だったことが13日、分かった。

 同作のテーマは「就職活動」。ふとしたことがきっかけで、家族4人全員が就活することになってしまい、悪戦苦闘しながら「仕事」や「人生」について考えていくジェットコースター・ホームドラマだ。

 主人公は、三浦が演じる家族の大黒柱で大手企業の人事部長・富川洋輔。母親・水希役は黒木瞳(56)、長女・栞役が前田敦子(25)、長男・光役は工藤阿須加(25)がそれぞれ務める。

 なお、同作は栞の恋人役として、昨年突如として芸能界引退を発表した元俳優の成宮寛貴氏(34)が出演予定だったが、代役として渡辺大(32)が起用されている。

(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)