「EXILE」のリーダーHIRO(47)との離婚危機が取りざたされている女優・上戸彩(31)が12日、都内で「Visaデビットカード新CM発表会見」に出席した。だが、夫婦関係には触れず、報道陣からの質問もすべてシャットアウト。それもそのはずで、関係者によると、HIROが精神的に参っているのは確かだという。しかも、問題は離婚危機報道だけではなかった。メンバーに“もう1つの危機”があるからだ。

 渦中の女優が現れるとあって、多数の報道陣が集結した。鮮やかな黄色のワンピースで登場した上戸に驚かされたのは、髪の毛をバッサリと切りショートカット姿だったこと。離婚危機と関連があるのかは定かではないが、カメラマンたちは一斉にシャッターを切った。

「映画『昼顔』(6月10日公開)の撮影が終わった11月ごろに髪を切りました。理由? 気分転換です」(事務所関係者)

 この日、報道陣との質疑応答は皆無で、当然囲み取材もなし。MCからお正月をどう過ごしたか聞かれると、こんなエピソードを明かした。

「(1日から)家族で広島に旅行に行きました。瀬戸内海が目の前にある思い出のホテルなんです。たくさんの家族で集まってにぎやかでした」

 ただ、年越しについては「娘(1歳)を寝かせた後、ひとりぼっちでリビングで小さくジャンプしました」と何とも寂しそうだった。

 芸能関係者は「上戸さんは、もともと保育士になりたかったほどの子供好きなんですが、HIROさんはすごく多忙ですからね。すれ違いになってしまうんですよ。それでも夫を一生懸命支えているのですが…」と話す。

 HIROが率いる芸能事務所「LDH」はここのところ災難続き。事務所スタッフのパワハラ騒動や、MAKIDAI(41)の交通事故被害。その影響による「三代目 J Soul Brothers」の札幌公演の中止…。HIROの精神的疲労は想像にかたくない。

 だが、内情を知る音楽関係者は「それだけではない」とこう明かす。

「実は、今『EXILE』の一部メンバーらが『LDH』をやめたがっているんですよ。理由はいろいろ。例えばあまりにも『メンバーが増えすぎてわけがわからない』とか『音楽以外のことに手を伸ばし、本来のEXILEでなくなっている』とか…。『三代目――』の人気がすごすぎて『EXILE』の存在感が低下しているウップンもある。HIROさんは彼らのケアに大変なんです」

 上戸は今後の女優業について聞かれたとき「今まで演じたことのない役、出合ったことのない作品をやらせていただきたいですね」と意欲を見せたうえで「後戻りせず、前に前に行きたい」と強調した。

 MCから「未来は見えない方がいい?」と畳み掛けられると「はい」と答えたが、夫婦の未来はどうなるのだろうか。