【オールカマー(日曜=25日、中山芝外2200メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)注目馬22日朝の表情:栗東】宝塚記念8着からの巻き返しを狙うサトノノブレスは、厩舎周りの引き運動を行い汗を流した。陣営は当日の馬場コンディションを気に掛けていた。

 池江調教師「前走は馬場が悪かったし、(使ってきた)疲れもあったのかも。中間は放牧でしっかり立て直して、帰厩後も十分に乗り込んでいる。楽しみを持てる状態で出せるので、パンパンの良馬場で走らせたい」