阪神のドラフト1位・大山悠輔内野手(22=白鴎大)が12日、鳴尾浜球場に隣接する室内練習場で初のマシン打撃を行った。「前から来るボールは久々でインパクトの瞬間に誤差があった。(打つ)数を増やしていって誤差をなくしたい」と辛口の自己評価。守備でもノックを受け「大学時代は人工芝がほとんどだった。土のグラウンドで受ける機会がなかったので慣れていくことが重要になる」と課題ばかりを口にした。