プロスケーター・鈴木明子(31)が23日、都内の日本橋三越本店で月刊誌「家庭画報」のトークショーに参加。競技生活の思い出や、衣装についてのこだわりなどを語った。

 今年3月に小学校時代の同級生と婚約した鈴木。この日は左手の薬指に指輪が輝いていた。18年ぶりに再会し、婚約に至った相手は「見た目も中身も優しく安心できる」存在だという。入籍時期は未定。フィギュアスケートのシーズンが本格的に始まるとあって「落ち着いてから考えます」と話していた。