8月の陸上世界選手権(ロンドン)マラソン日本代表が17日、都内で発表された。

 男子は東京マラソン日本人1位の井上大仁(24=MHPS)、福岡国際マラソン日本人トップの川内優輝(30=埼玉県庁)、別府大分毎日マラソン覇者の中本健太郎(34=安川電機)。

 女子は12日の名古屋ウィメンズマラソンで初マラソンながら日本歴代4位の2時間21分36秒をマークし、2位に入った安藤友香(23=スズキ浜松AC)、同3位の清田真央(23=同)、大阪国際女子マラソン優勝の重友梨佐(29=天満屋)が選ばれた。

 マラソン代表選考をめぐっては過去紛糾したこともあったが、今回は大きな混乱はなかった。日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(60)は目標について「全力を尽くしてやればメダルを取れるチャンスは男女とも十分ある」とハッパ。尾県貢専務理事(57)も「今回は戦えるメンバーであると確信している」と話した。