青森県八戸市が誘致を目指している、2020年の「ISU(国際スケート連盟)世界オールラウンドスピードスケート選手権」について、日本スケート連盟の橋本聖子会長は22日、取材に対し、国内候補地としては八戸市がほぼ確実−との見方を示した。八戸市の小林眞市長は同日、都内で開かれた日本スケート連盟評議員会の席上、橋本会長に同選手権の八戸招致を文書で要請した。【写真説明】日本スケート連盟の橋本会長(左)に要望書を手渡す八戸市の小林市長(中)と坂本市議=22日、都内