レスリング女子で五輪4連覇を達成し、国民栄誉賞受賞が決まった青森県八戸市出身の伊調馨選手(32)=ALSOK=が23日、地元に凱旋(がいせん)し、八戸市庁で記者会見を開いた。リオデジャネイロ五輪閉幕後、1カ月以上過ぎてからの帰省となり「ようやく帰ってこられて、すごくうれしい」と笑顔を見せ「金メダルを取れたのはたくさんの方々の応援のおかげ。しっかり感謝を伝えて回りたい」と県民への謝意を述べた。八戸市は24日、市中心部で祝賀パレードを開き、市民に金メダルをお披露目する。【写真説明】大勢の市民や市の職員に出迎えられ、八戸市庁に入る伊調選手(右手前)=23日午後4時20分ごろ