青森県弘前市は11日から、市長や幹部職員が重要施策などを審議する月例の「経営戦略会議」に、タブレット端末を利用した会議システムを導入した。会議資料を電子データ化し、資料の配布・差し替えなどの省力化や紙資源の削減などを図る。【写真説明】弘前市が導入した会議システムのタブレット端末