八戸第一養護学校中学部2年の村山裕一さんの書「雲の種類」が、本年度の「肢体不自由児・者の美術展」で24ある最高賞のうちの一つ「日本肢体不自由児協会賞」を受賞した。層雲、積乱雲など雲の名前を半切の用紙いっぱいにしたため、雲が流れる様子を表現。村山さんは「これからも自分らしい表現を考えて、さまざまな題材に挑戦したい」と話している。【写真説明】最高賞を受賞した村山さん(中)と伊澤教諭(左)、木村教諭