青森県の多彩な食の魅力を発信する東奥日報社の「うまい森 青いもりフェア」(県観光連盟共催)が14日、青森市のアスパムで開幕した。テーマは「北の海の恵み 躍る『八戸前沖さば』」。脂乗り抜群のサバ関連商品や、旬の県産食材を使った弁当などを求める買い物客らでにぎわった。フェアは15日まで。【写真説明】会場に並んだ多彩なサバ製品を品定めする来場者でにぎわったフェア