「学歴・頭のIQ」で、「仕事能力」は判断できない。仕事ができるかどうかは、「仕事のIQ」にかかっている。

『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(ミセス・パンプキンとの共著)が合わせて22万部突破の大ベストセラーになった「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏。

彼が2年半の歳月をかけて「仕事のIQの高め方」について完全に書き下ろした最新刊『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』は、アマゾンでも4日連続で総合1位を獲得するなど、早くも14万部を超える異例の大ベストセラーとなっている。

本連載では、ムーギー氏が「世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ教訓」の数々を、『最強の働き方』を再編集しながら紹介していく。

本連載の感想や、一流・二流の体験談・目撃談はこちら

一流の人は「休み方」もうまい

「この人、急ぎの仕事もないのに、また週末も会社に来てるんか……。ほかにすること、ないんかいな……」

世界中の職場で働いてきて感じるのは、仕事がデキる一流の人は押しなべて「週末の過ごし方もうまい」ということだ。

頭はいいものの仕事がデキない二流の人に限って、平日はだらだら残業するし、急ぎの仕事がないのに週末も出社していたりする。

「この人、会社に住んでいるのでは?」と疑いたくなるほど、平日も週末も、四六時中会社で見かけるような人さえいる(実際に寝袋を持ち込んで、泊まり込んでいるような人も実在する)。

一方、「激務」といわれるエリート業界の中でも、仕事で成果を上げている一流の人に限って、夕方までにきちんと仕事を仕上げ、さっさと帰っていく人もかなりいる。

オフタイムや週末の過ごし方も一事が万事で、仕事がデキるかどうかの「仕事のIQ」は、オフの時間の使い方ひとつにもにじみ出てしまうものだ。

では、いったい「一流と二流の人の週末の過ごし方」は何が違うのか。たかが休み方ひとつで、「二流の人のどんな恥ずかしい欠点」がバレてしまうのか。「二流の人の末路」とあわせて、早速、紹介しよう。