江口克彦氏の『経営秘伝――ある経営者から聞いた言葉』。松下幸之助の語り口そのままに軽妙な大阪弁で経営の奥義について語った著書で、1992年の刊行後、20万部を売り上げるヒットになった。本連載は、この『経営秘伝』に加筆をしたもの。「経営の神様」が問わず語りに語るキーワードは、多くのビジネスパーソンにとって参考になるに違いない。

経営者にとって一番大切なことは、いばることではなく、会社を発展させる道を見つけ出すことやな。わしはできるだけ、部下の話に耳を傾けるということを、心がけてやってきた。

どうしてかと言うとやな、そりゃあ、聞けば、きみ、いろいろな考えというか、知恵というか、いまの言葉でいえば、情報やな、情報を集めることができるわな。とくに今日のように情報を集めながら、仕事をせんならん時代は、部下や多くの人から話を聞くということは、きわめて大切なことと言えるわな。

人間ひとりの知恵には限度がある

人の知恵は借りない、人の話は聞かないということで、自分でなんでも考えて結論出して、それで成功すると。まあ、そんな人は、普通はおらんね。正直なところ。人間ひとりの知恵には、限度があるわな。そんな限度ある知恵で無数の課題をもつ経営をしようとしたら、うまくいかんのや、わしの経験から。

きみの知っておることと、わしの知っておることと同じではないわね。わしの知っておることもきみは知らんと。けど、きみの知っておることも、わしは知らんと。まあ、そういうもんやろ。知らんことを尋ねること、聞くことによって、お互いに知識とか知恵とか身につけることが出来る。そういうことで、部下の話を聞くということは、ごく自然に、たくさんの知恵を集めることができる。自分以上の、たくさんの知恵を集めることができる。なあ、便利やろ。