デジタルメディアスタートアップと既存大手メディア企業の歩み寄りが、ここのところ相次いでニュースになっている。そして、それは、今後の両者の関係を、深く暗示しているかのよう見える。

女性にフォーカスしたパブリッシャー「Refinery29」は8月11日、米ケーブルテレビ向け総合チャンネルのターナーから、4500万ドル(約45億円)の資金を調達したと発表した。

これは、既存大手メディア企業によるデジタルメディアスタートアップへの一連の株式投資の一部だ。実際、2013年以来、BuzzFeed、Refinery29、Vice Media、Vox Mediaの4社だけで、ディズニー、NBCユニバーサル、ターナー、ハーストなどの既存大手メディア企業から、16億ドル以上(約1620億円)の資金を調達している。

戦略的投資が意味するもの

これらの取引は、両者に恩恵をもたらす「戦略的投資」として、しばしば位置づけられる。テレビ業界は、より新しいプラットフォーム上で、若い世代のオーディエンスへリーチできる機会を得られ、デジタル業界は、成長を続けるための資金とリソースを手に入れるのだ。

つまり、衰退する既存メディアのなかで、従来の体制を崩壊させると言われていた者たちが成功すれば、既存メディアも同様に成功するという、上手い駆け引きにつがなる可能性を明示している。そして、彼らはそれを確実に行っているのだ。

「面白いことに、2〜3年前、これらデジタルメディア企業によって、テレビ業界は苦境に立たされていた。そのビジネスモデルには欠陥があり、ケーブルテレビ業界は終わりに向かっているとまで言われたほどだ。また、ソーシャルチャネルを通じて何百万、もしくはそれ以上の人間にリーチできる時代に、テレビに何ができるのかとも言われた。しかし、突然、考え方に変化が表れ、デジタルメディア企業すべてがテレビで取り上げられたいと願っている」と、デジタルパブリッシングスタートアップに投資している、大手メディア企業のある幹部は語った。