ファッションブランドのトミーヒルフィガー(Tommy Hilfiger)は、40フィート(約12メートル)の観覧車、メリーゴーランド、ゲームや綿菓子の屋台などのセットを用意して、カーニバルをテーマにしたパーティー&ファッションショー「トミーピア」を催した。

このショーは、インスタグラムのファッションインフルエンサーのファンタジーとして、多いに話題を振り撒いたことだろう。

マンハッタンシーポートで、9月9日に行われた本イベント。隣接する桟橋を人々で埋め尽くすため、2000枚のチケットが配布された。その半数は、一般人向けに配布されたものだという。ファッションショーの一般人招待枠としては、最大規模だ。2015年の秋、ジバンシーが用意したチケットは800枚だった。

ブランドの世界観全体をどう伝えるか?

イベントの目玉はモデルのジジ・ハディット。ランウェイ上で「Tommy x Gigi」ブランド向けに、彼女の手掛けるはじめての衣服コレクションを披露した。その様子はTommy.comとVogue.comでライブ配信され、その晩には、同コレクションのオンライン販売と店舗販売が開始されている。

トミーピアの「Tommy x Gigi」は、華やかで大衆向けのスタイルで溢れていた。その後、9月末に発表された、同ブランドの別コレクションとは、まさに正反対の印象だったという。それは、女性向け既製服の春コレクションだった。

「現在、デザイナーたちはブランド構築を迫られている」と、ニューヨークファッションウィークの制作会社、LDJプロダクションズのオーナー、ローリー・デジョン氏はいう。「衣服の色や形だけを手掛ける時代は終わり、ブランドの世界観全体を考えなくてはならない。伝統のあるランウェイショーは、多くのファッションデザイナーたちにその役割を任せている」。