4月に登場した薄型、超軽量の「キンドル オアシス」に続き、アマゾンが取り組んだのは「マンガ」だった。新たな端末は、日本のマンガファンを取り込むことができるだろうか。

アマゾンは10月18日、マンガに特化した電子書籍端末「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」を発表した。これまでのキンドルは全世界共通モデルだったが、今回は日本限定発売。アマゾンがひとつの国に特化したモデルを投入するのは初めてだという。

平均700冊を持ち歩ける

マンガに特化したモデルだが、小説などの本も読むことができる。価格は1万6280円。年額3900円で動画や音楽などさまざまなサービスを受けられる「アマゾン・プライム」会員なら、1万2280円で購入できる。

キンドルストアには和書が40万タイトルあり、うちマンガは16万タイトルを占める。マンガは人気の高いコンテンツだ(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)

端末のスペックを確認しよう。ストレージは、従来のキンドル(4ギガバイト)の8倍となる32ギガバイトに増強した。マンガなら数百冊(平均700冊)を持ち歩ける。小説など、本の場合は数千冊を保存できるという。

また、従来のキンドルには高速通信のLTEを搭載したモデルもあったが、今回はマンガの大きなデータをダウンロードすることもあり、Wi-Fiモデル限定となっている。