アマゾンのプライム ナウに代表されるように、インターネット通販における時間単位の配達スピード競争は熱を帯びている。

「最短2時間30分以内」を売りにしているのが、家電量販大手のヨドバシカメラだ。「ヨドバシエクストリーム」(以下、エクストリーム便)は2016年9月に同社のネット通販サイトで始まった。東京23区が主な対象地域で、あらかじめ住所を登録しておくと「本日21時までにヨドバシエクストリームサービス便がお届け」というように配達時刻が画面に表示される。

日本全国9割超で翌日配送の体制を整備

注文後の商品の状況も、「クレジットカード決済が終わりました」「商品を出荷しました」「配達を開始します。20時30分頃お届けです」と逐一メールで伝えてくれる。商品によって若干異なるが、エクストリーム便でなくても、離島などを除く日本全国9割超の地域で翌日に配送する体制は整っている。

ヨドバシは東京・秋葉原や大阪・梅田など都市部の駅前に大型店を構え、全国に23店舗を展開している。2015年度の売上高は6796億円、経常利益は512億円。売上高は業界4位だが、経常利益率は同業他社が3%前後で推移する中、7%を超える高収益企業だ。

1997年に開始したネット通販にも力を入れている。売上高は右肩上がりで1000億円を超え、ヨドバシ最大の旗艦店である梅田を上回る規模になった。

家電以外にも食品や飲料、日用品、化粧品、文房具、書籍など品ぞろえは多く、商品点数は450万点を超える。そのうちエクストリーム便で注文できる商品は約10%に当たる約43万点と、プライム ナウの約6万5000点以上を大きく上回る。購入金額に関係なく配達料は無料だ。

売上高構成比は、単価が高い分、家電の占める割合が大きいが、さまざまな商品が売れており、女性の利用者も多いという。