目の角膜にレーザーを照射し、視力を矯正するレーシック手術。最近はずいぶんと一般的になり、中には安くレーシック手術をしてくれるところもあるようですが、どこで手術を受けても同じなのでしょうか?

そんなことはありません。レーシック手術は、医師の技量や知識、そして手術に使用する機器によって、結果に大きな差がでます。

しかし患者さんには、どこで手術を受けるべきかの判別がつきづらいものです。気をつけなくてはいけないのは、金儲けだけが目的のレーシッククリニックほど、派手なキャンペーンや甘い宣伝文句で患者さんを集めているということです。

私が初めて書いた一般向けの著書『やってはいけない目の治療 スーパードクターが教える“ほんとうは怖い”目のはなし』の中で、日本のレーシック手術の現状を批判しました。営利第一で参入してきたクリニックが多すぎるのです。

では、どういう施設で手術を受けるべきなのか、述べていきたいと思います。

美容外科がレーシックに進出し、手術の質が低下した

あれは何年前だったでしょうか。銀座眼科という今は閉院した診療所で、レーシック近視矯正手術をした多くの方々が感染症にかかり、後遺症に苦しめられた事件がありました。破格の安値で施術し、その代償として衛生管理を粗末にしたことが原因でした。

日本でレーシック手術に関する事故が多く起こるようになったのは、美容外科が進出するようになってからです。大きな収入になると見込んだ経営者が、大宣伝をして患者さんを集め、大量のレーシック手術を行った結果、逆に視力を失う患者さんが数多く生まれてしまったのです。

宣伝といっても、派手なテレビCMなどは医療法違反になるのでできません。患者さんから聞いたのですが、あるレーシッククリニックでは、お友達を紹介して、その方が手術を受けると4万円もの成功報酬をキックバックするキャンペーンを行っているそうです。

また、「診察は無料」との宣伝文句に惹かれ、クリニックに行く方がいます。ところがいったんその施設に入ると、手術を前提に検査が進みます。そして手術を予約するまで帰してくれないそうです。内部の人から聞いた本当の話です。